ナビゲーションのスキップ

StreamLine™ Slalom

ラマンで表面全体を分析

StreamLine の Slalom モードでは、分析のために定義した領域全体から、確実にデータを取得することができます。これにより、粒子などの他の方法では見落としていた微細な形状を確認できるようになります。

Slalom は、アンダーサンプリングの問題に対する効果的なソリューションです。

アンダーサンプリング

スポットサイズとステップサイズの関係は、サンプリングの重要な要因になります。

この両者が等しい場合に、最適なサンプリングが行われます。オーバーラップすることなく、領域全体がカバーされます。

一方、アンダーサンプリングは、ステップサイズがレーザーのスポットサイズよりも大きい場合に発生します。この場合、マッピングは速くなりますが、サンプルに分析されない領域が発生します。

ゆえに、次の要因の間には事実上のトレードオフがあります。

  • トータルマッピング時間
  • ステップサイズ 
  • 分析する領域(または体積)

Slalom

アンダーサンプリングは大きな領域を分析する上で最も速い手段ですが、微細ながらも重要な形状のデータを取得し損なうことがあります。

Slalom は StreamLine のレーザーライン下をジグザグに移動させることで、実験時間を短く維持しながら、確実に表面全体のサンプリングを行います。これは、アンダーサンプリングの問題に対する効果的なソリューションです。

両方の良い所を取った機能

ほとんどのラマンイメージは、各ピクセルがステップサイズと同じサイズの領域を示すように構成されています。アンダーサンプリング時には、ピクセルが分析領域のサイズだけを示すことになり、結果的に空白の比率が多いイメージとなってしまいます。粒子またはドメインが十分に大きい場合は、この点はそれほど決定的な違いはありません。しかし、半定量的情報を判別しようとする場合には、この点が重要になり、結果がサンプルを象徴するものでなくなったり、正確でなくなったりします。

StreamLine の Slalom モードでは、両方の良い所が得られ、マッピングを高速で行いながらも、マッピングする領域全体を完全に表現するデータを取得することができます。

レニショーの革新技術の多くは特許により保護されています。