ナビゲーションのスキップ

フルオートメーション

レニショーでは、主要ラマン製品をフルオートメーション化しています。すべての重要な可動アセンブリはモーター駆動式にし、位置決めセンサーか角度センサーを配備しています。WiRE™ 制御ソフトウェアは、各主要コンポーネントの位置や角度を把握しており、オペレーターの介入なしで調整できます。

よりシンプルに

このようなオートメーションにより、ユーザーにとって装置の操作が簡単になります。ワンクリックするだけで、装置の構成を変更することができ、コンポーネントを手動交換したり微調整したりする必要もありません。

実験のキューイング

レニショーの WiRE ソフトウェアを使用すると、複数の実験をキューに入れて、時間を節約することができます。例えば、inVia コンフォーカルラマンマイクロスコープでは、最初に可視レーザー励起、2 回目は近赤外レーザーをそれぞれ使用して 2 回のマッピング実験を実行するように設定することができます。その後、無人操作を行わせることで、夜間や週末も装置を有効に活用することができます。

遠隔診断および遠隔サポート

更に、フルオートメーションにより、レニショーの専門サポートエンジニアが素早く効率的に問題を診断、解決して、アライメントを最適化することができます。

究極のフレキシビリティ

必要に応じて、一部の主要コンポーネントを手動で交換することも可能で、フレキシビリティがさらに向上します。また、レニショーのキネマティックマウントによりこれらのコンポーネントの交換を簡単かつ正確に行うことができます。

レニショーの革新技術の多くは特許により保護されています。