ナビゲーションのスキップ

高画質ラマンイメージ

より広く、より詳細に

これまで、ラマンイメージは小さなサイズで、高画素化されたものでしたが、もうそのような時代ではありません。

現在は大容量データファイル (スペクトルハイパーキューブ) を収集、分析し、広範囲の高画質ラマンケミカルイメージを生成できます。

レニショーのエンジニアは、新しいファイル形式 (WDF) を開発して、超大容量ラマンデータ (5000 万スペクトル以上) を処理できるように WiRE™ ソフトウェアを最適化しました。これにより、メガピクセルサイズのイメージを生成するためのデータファイルを収集、および分析することができるようになります。これらの高画質イメージはレニショーの StreamHR™ Rapide を使用すると、驚異的なスピードで収集できます。

優れた画質

サンプルはたいてい不均一で、さまざまな粒子サイズが含まれ、さまざまな分布をしています。WDF と WiRE を使用すると、非常に大きな領域でも細かい詳細を確認できます。ファイルサイズが制限されている場合には、ステップサイズを大きくしたり (詳細情報の欠落)、分析領域を小さくしたり (象徴的でなくなる) する必要がありますが、これに比べて取得される情報がより正確で象徴的になります。

限界のない高い能力

レニショーは、高速かつ効率良くなるように WDF ファイル形式を設計しました。本質的にファイルサイズ制限がないため、必要に応じて 1 点のファイルに数千万のスペクトルを格納できます。

また、WiRE の処理と分析オプションを最適化して、このような大容量ファイルを高速で処理できるようにしました。さらに、WiRE はメモリの拡張やより高速のマルチプロセッサーなど、将来的なコンピュータ性能の向上にも対応できるようになっています。

「ユーザーに対してメリットがあるのは明確で、大きなデータファイルを収集、処理および分析できるだけでなく、すべてのデータファイルを驚くほど高速でロードできます」(Tim Smith、Renishaw plc の Applications Manager)

高画質ラマンイメージのデータ取得方法

StreamLine™: ケミカルイメージの高速生成
StreamHR™: 高解像度ケミカルイメージの生成

レニショーの革新技術の多くは、特許により保護されています。