ナビゲーションのスキップ

StreamLine™: ケミカルイメージを素早く生成

高速で、サンプルにやさしく、広い領域のマッピング

StreamLine は、広いサンプル領域の高画質な二次元ケミカルイメージを素早く生成します。レーザー光を強力なスポット光ではなく、ライン状に照射することで、レーザーによるサンプルの損傷を防ぎます。

細部を見落とさないケミカルイメージ

たいていのサンプルは均質でなく、完全に理解するためには、各構成物のサイズと分布を把握する必要があります。StreamLine は、どんなに大きなサンプルでも損傷を与えることなく、短時間でこの情報を収集します。

StreamLine の Slalom モードを使用すると、アンダーサンプリング時でも、常に分析領域全体をカバーすることができます。これにより重要な情報を見落とす事なく、サンプルを正確に表現したイメージが得られます。

サンプルと信号の同期

StreamLine は、高速エンコード式ステージ(HSES)上のサンプルの動きを検出器上の信号と同期します。サンプルの各イメージングポイントは、レーザーライン上を一度通過します。通過するとき、検出器は信号を積算した後、読み取ります。これにより、人工的でない広い領域のケミカルイメージを素早く生成します。 

  • Schematic of StreamLine imaging using inVia Schematic of StreamLine imaging using inVia [en]

どんなサイズでも繋ぎ目のないイメージ

StreamLine でスキャンできる範囲は、顕微鏡対物レンズの視野ではなく、顕微鏡ステージの可動範囲のみによって決まります。StreamLine は、小さな領域のイメージを並べ合わせる必要がないので、人工的でない広い領域のイメージを生成できます。

更に、スキャンする領域やイメージの分解能は、ステップサイズや顕微鏡対物レンズを交換することで、簡単に制御できます。分解能を低くしてより高速でスキャンを行いながらも、サンプル全体を分析したい場合は、StreamLine の Slalom モードを使用できます。

異なる分解能で取得したイメージでも、同じ対物レンズを使用した場合は、簡単に比較することができます(分析深度が同じであるため)。StreamLine と Slalom により、同じ対物レンズを使用すれば、希望する分解能とサイズでイメージを生成できるフレキシビリティが得られます。 

イメージギャラリー

更に詳細なイメージが必要ですか?

StreamHR™ を使用すると、最高の空間分解能でサンプルのイメージを素早く生成できます。

レニショーの革新技術の多くは特許により保護されています。