ナビゲーションのスキップ

高速エンコーダ式ステージ (HSES)

サンプルを安全に保持

レニショーの高速エンコード式ステージ(HSES)を使用すると、分析用サンプルの正確かつ再現性の高い位置決めが可能になります。このモーター駆動のエンコード式サンプルステージは、高速移動でも高精度を保つ 100nm ステップサイズと、人間工学的な秀逸さを兼ね備えています。

正確かつ精密な位置決め

サンプルステージは、ラマンマイクロスコープの重要なコンポーネントです。サンプルステージにより、静的分析でサンプルがどれほど安定するか、マッピング実験でサンプルがどれほど正確かつ精密に移動できるかが決まります。

ステップサイズが 100nm の HSES は、可動範囲内(112 mm×76 mm)であればどこにおいてでも高分解能での測定を可能にします。また、この領域内であれば、どのようなサイズのサンプルでも分析することができます。

HSES にはレニショーの光学式エンコーダが装備されています。これらのエンコーダは、モーター制御中、手動調整中のどちらでもステージの位置を追跡します。サンプルを搭載後に、ステージの再キャリブレーションは不要です。

サンプルの搭載は簡単です。ステージは手で動かすことができ、所要の位置へ引き込むことにより、サンプルを載せたり、顕微鏡対物レンズ下に配置したりすることができます。抵抗をなくせるようにモーター駆動が自動的に解除されますが、ステージから手を離すと再開されます。トラックボールまたはソフトウェアを使用して、位置を微調整することができます。 

摩擦力を使用した高速移動技術

レニショーでは、この設計に独自に開発したダイレクトフリクションドライブメカニズムを採用しています。これにより優れた制御性と応答性、および静音性が得られます。

ステージは、正確性と精度を維持しながら、短い距離でも長い距離でも素早く移動することができます。これは、レニショーが開発した斬新な制御アルゴリズムによるものです。

HSES はレニショーの StreamLine™ および StreamHR™ という高速マッピング手法のキーとなる要素です。

詳細情報のダウンロード

レニショーの革新技術の多くは特許により保護されています。