ナビゲーションのスキップ

持続可能性

レニショーは、環境保護のためにすべきことを行っています。具体的には、製造施設からの排出量低減といった事業活動に伴う天然資源消費の改善や、排出量削減に貢献する製造ソリューションのお客様への提供、より持続可能な世界への移行を実現するソリューションの提供を行っています。

資源が減る一方の世界に長期的な価値をもたらすには、企業活動が環境や企業活動を行う地域に与える影響を最小限に抑える必要があります。

Net Zero (実質ゼロ) への取組み

2021 年 11 月、レニショーは Net Zero 2050 目標を採択しました。この目標は、SBTi によって承認され、モニタリングされます (SBTi: Science Based Target initiative。気候科学に基づき、排出量の削減や Net Zero 目標の最良の実践モデルを規定および推進する国際団体)。

  • スコープ 1 および 2: 2028 年までに 2019/20 年度基準値と比較して Net Zero を目指す
  • スコープ 3: 2050 年までに Net Zero を達成する
  • 2023 年 3 月までにスコープ 3 の定量化を行うことで、Net Zero 目標の達成日時の短縮を図る

SDGs (持続可能な開発目標)

気候変動を抑えるべく Net Zero 戦略をとることも必要不可欠なことではありますが、レニショーはそれだけにとどまりません。レニショーは、レニショーが事業を展開する主要な地域でのチャリティ団体やボランティア団体を伝統的に支援しており、今後もレニショーチャリティ委員会を介して支援を継続していきます。

レニショーの Diversity & Inclusion Group (多様性と受容グループ) も、社内での多様性と受容に関する活動を継続して、啓発デイのお祝いや社員への情報共有というかたちで支援しています。社内の多様性が増すことで、さまざまな背景や見地を持つ有能な人たちにバックアップされた企業としてより強い責任感を持ち、より高い生産性を発揮できるようになれると考えています。この多様性と受容という社会的な事柄についてのレニショーの取組みを一層発展させ、形式を整えるために、SDGs について検討し、レニショーが役割を果たせそうな目標を見極めています。

顧客アイコン (太字)

お客様への貢献

レニショーの製品は、エネルギー消費や廃棄物の削減という形で、お客様自身の Net Zero 達成に貢献します。非生産的な機械時間の抑制、スクラップの削減、トータルのエネルギー消費の相対的な低減などにレニショー製品は役立ちます。

排出量の低減アイコン - ソーラーパネル 自社における排出量の低減

2020 年 12 月レニショーは、レニショーのすべてのグループ企業は、認証を得た再生可能エネルギー電力以外を使用してはならないという、新たなグループポリシーを設定しました。既存の契約が終了しだい、再生可能エネルギーに移行していきます。また、世界各地の主要自社拠点では、自家発電への大型投資を継続して行っています。

廃棄物の削減のアイコン (太字) 自社における廃棄物の削減

レニショーは、自社製品や梱包材による影響を極力低くなるよう抑えています。また、当社から出る廃棄物の大部分は製造プロセスに由来するため、専任の産廃チームに改善にあたらせています。

将来の備えアイコン (太字)

将来の備え

Net Zero という目標に向けて取り組む中で、会社が行っている取組みや社員がそのためにできることを各社員に周知していきます。また、スコープ 3 の「2050 年 3 月までに Net Zero 達成」の一環として、サプライヤやお客様と協力して排出量の削減に取り組んでいきます。