ナビゲーションのスキップ

製薬

創薬から製剤、開発、トラブルシューティングにいたるまで、レニショーのシステムをご活用ください。

有効成分、添加物など多くのものに応用

レニショーのラマンシステムは、あらゆる製薬材料の分析に必要なパフォーマンスと高い汎用性を備えています。

  • 有効成分の結晶多形と添加物の特定および判別
  • 錠剤、吸入器、スプレー式点鼻薬に使用された製剤イメージをサブミクロン単位の空間分解能で作成
  • レニショー独自の高スループット結晶多形スクリーニング能力
  • 高度な温度制御システムを使用して医薬品の熱挙動を研究
  • 錠剤全体または粉末ブレンドを高速で定量的に分析
  • 調合の均一性を判定
  • 細胞および組織内の有効成分および代謝産物を分析 
  • 異物の特定

1 本のスペクトルですべての情報を明らかに

時間短縮。SynchroScan なら、1 回の測定で、全ラマン範囲のすべての主要ラマンバンドを高スペクトル分解能で解明できます。格子モード、OH バンド、およびその間のすべてを確認できます。スペクトル内のどこかにごくわずかな違いでもあれば、サンプルの違いとして見きわめることが可能です。

イメージの高速作成

StreamLine™ を使用すると、製剤のイメージを高速作成できます。線状のレーザーを使用しているため、サンプルを損傷させずに、より強力なレーザーパワーを使用でき、測定時間を短縮できます。

RA802 製薬用分析装置のイメージング速度は、1500 スペクトル/秒以上です。システム内に標準的な薬錠を置いてから 2 分未満で、精細な高解像度ラマンイメージを生成します。

製剤のイメージ作成

サンプルの忠実なケミカルイメージの取得には、レニショーの StreamLine が有効です。当社のソフトウェア WiRE はドメインサイズに合わせて分解能を変更できるだけでなく、超大型データファイルに対応できるため、サンプル全体の表面を分析できます。さらに、Slalom (表面全体をサンプリング) や 高画質イメージング (明確かつ明瞭なイメージを作成) などの強力な機能により、どのような製剤にも対処できます。

21 CFR 11

当社ソフトウェア WiRE は、21 CFR Part 11 に準拠しています。

調合薬のラマンマップ

イメージギャラリ

製品の選択

RA802 製薬用分析装置

inVia™ コンフォーカルラマンマイクロスコープ

RA802 は、医薬品業界に特化した設計で、信頼性の高い結果を得るために必要なスピードと自動化測定機能、および高い精度を備えたケミカルイメージングシステムで、定常的な分析向けに最適化されています。複数のサンプルを高速分析する必要があり、スペースが限られている多忙なラボに最適です。

レニショーの inVia はさまざまな構成に対応可能で、研究に使用できるレベルのラマンマイクロスコープです。inVia の性能とその非常に高い柔軟性には、世界中の科学者から高い信頼が寄せられています。また、性能を落とすことなくアップグレード、カスタマイズを行うことができ、アクセサリ、レーザー、光ファイバープローブを追加したり、他の分析技術を融合できます。どんな構成であっても、あらゆる測定に対応できるラマンシステムとなります。

詳細情報のダウンロード

  • カタログ:  医薬品分析用ソリューション カタログ: 医薬品分析用ソリューション

    レニショーはラマン分光装置において世界をリードしており、世界中のお客様に 25 年以上にわたってラマンシステムをお届けしています。また、世界中の科学者とエンジニアのネットワークを通じて、製品、アプリケーション、技術に関するエキスパートサポートを提供しています。医薬品分析にまつわる多くの課題について理解する弊社では、お客様のニーズを念頭に置いて開発された柔軟なソリューションをご用意しており、 製剤用でも品質分析用でもあらゆるニーズに合った様々なレベルのシステムを取り揃えています。

  • アプリケーションノート:  ラマン分光による調剤の安定性の研究 アプリケーションノート: ラマン分光による調剤の安定性の研究

    医薬品成分の多くは温度や湿度の変化に非常に敏感で、このような変化により結晶構造に影響が及ぶことがあります。製品の安全性と効率性を確保し、特許を守るためには、さまざまな状況におけるこれらの結晶多形と水化物の安定性を把握することが不可欠になります。

  • アプリケーションノート:  inVia コンフォーカルラマン マイクロスコープによる固体製剤の調査 アプリケーションノート: inVia コンフォーカルラマン マイクロスコープによる固体製剤の調査

    調剤には非常に多くの成分と特性が存在しますが、特許が切れた市販調剤の組成、ドメインサイズと分布を解明できれば非常に有益になります。この情報があれば、長い年月や膨大な費用をかけて開発活動を行わなくても、既存製品を製造する可能性が得られます。

  • アプリケーションノート:  製薬のモニタリング向け透過ラマン分光 アプリケーションノート: 製薬のモニタリング向け透過ラマン分光

    研究開発段階でも製剤段階でも、inVia ラマンマイクロスコープを使用することにより、短時間で簡単に透過ラマン分析を行うことができます。inVia の非常に優れた化学的特異性と感度を、透過ラマン構成でもご活用ください

  • Application note:  Combined chemical and particle distribution analysis of pharmaceutical powders Application note: Combined chemical and particle distribution analysis of pharmaceutical powders [en]

    When formulating pharmaceuticals, it is important to understand the chemical composition and morphologies of the ingredients, as these can lead to changes in product performance. For example, active ingredient co-localisation and particle adhesion can affect the efficacy of formulation. This application note details how to use a Renishaw Raman system to conduct this type of analysis.

  • Application note:  Using Raman spectroscopy to tackle polymorphism, an industry problem Application note: Using Raman spectroscopy to tackle polymorphism, an industry problem [en]

    This note looks at incidences of polymorphism in drug development including advantages and challenges. Ultimately this case study examines the trial of SmithKline Beecham (SKB) v Apotex, where Renishaw’s Raman instruments were used by SKB in an attempt to prove infringement of its Paxil® patent by Apotex, a generic competitor.

  • Application note:  Raman imaging for deformulating a transdermal patch Application note: Raman imaging for deformulating a transdermal patch [en]

    An application note detailing the RA802's ability to deformulate the make-up of a transdermal nicotine patch.

詳細について

ニーズに合わせたサポート

本分野の詳細または他分野については、アプリケーションチームにお問い合わせください。