ナビゲーションのスキップ

製薬

創薬から製剤、開発、トラブルシューティングにいたるまで、レニショーのシステムをご活用ください。

有効成分、添加物など多くのものに応用

レニショーのラマンシステムは、あらゆる製薬材料の分析に必要なパフォーマンスと高い汎用性を備えています。

  • 有効成分の結晶多形と添加物の特定および判別
  • 錠剤、吸入器、スプレー式点鼻薬に使用された製剤イメージをサブミクロン単位の空間分解能で作成
  • レニショー独自の高スループット結晶多形スクリーニング能力
  • 高度な温度制御システムを使用して医薬品の熱挙動を研究
  • 錠剤全体または粉末ブレンドを高速で定量的に分析
  • 調合の均一性を判定
  • 細胞および組織内の有効成分および代謝産物を分析 
  • 異物の特定

1 本のスペクトルですべての情報を明らかに

時間短縮。SynchroScan なら、1 回の測定で、全ラマン範囲のすべての主要ラマンバンドを高スペクトル分解能で解明できます。格子モード、OH バンド、およびその間のすべてを確認できます。スペクトル内のどこかにごくわずかな違いでもあれば、サンプルの違いとして見きわめることが可能です。

イメージの高速作成

StreamLine™ を使用すると、製剤のイメージを高速作成できます。線状のレーザーを使用しているため、サンプルを損傷させずに、より強力なレーザーパワーを使用でき、測定時間を短縮できます。

RA802 製薬用分析装置のイメージング速度は、1500 スペクトル/秒以上です。システム内に標準的な薬錠を置いてから 2 分未満で、精細な高解像度ラマンイメージを生成します。

製剤のイメージ作成

サンプルの忠実なケミカルイメージの取得には、レニショーの StreamLine が有効です。当社のソフトウェア WiRE はドメインサイズに合わせて分解能を変更できるだけでなく、超大型データファイルに対応できるため、サンプル全体の表面を分析できます。さらに、Slalom (表面全体をサンプリング) や 高画質イメージング (明確かつ明瞭なイメージを作成) などの強力な機能により、どのような製剤にも対処できます。

21 CFR 11

当社ソフトウェア WiRE は、21 CFR Part 11 に準拠しています。

調合薬のラマンマップ

イメージギャラリ

製品の選択

RA802 製薬用分析装置

inVia™ コンフォーカルラマンマイクロスコープ

RA802 は、医薬品業界に特化した設計で、信頼性の高い結果を得るために必要なスピードと自動化測定機能、および高い精度を備えたケミカルイメージングシステムで、定常的な分析向けに最適化されています。複数のサンプルを高速分析する必要があり、スペースが限られている多忙なラボに最適です。

レニショーの inVia はさまざまな構成に対応可能で、研究に使用できるレベルのラマンマイクロスコープです。inVia の性能とその非常に高い柔軟性には、世界中の科学者から高い信頼が寄せられています。また、性能を落とすことなくアップグレード、カスタマイズを行うことができ、アクセサリ、レーザー、光ファイバープローブを追加したり、他の分析技術を融合できます。どんな構成であっても、あらゆる測定に対応できるラマンシステムとなります。

詳細情報のダウンロード

詳細について

ニーズに合わせたサポート

本分野の詳細または他分野については、アプリケーションチームにお問い合わせください。