ナビゲーションのスキップ

inVia™ コンフォーカルラマンマイクロスコープ

新登場の inVia Qontor

inVia Qontor は、レニショーで最高性能を誇るラマンマイクロスコープです。レニショーの最先端技術、LiveTrack™ フォーカストラッキングを搭載しており、平坦でない面やカーブした面、さらにでこぼこの面のサンプルでも解析を行えます。データ収集中や光学像観察中に、最適な焦点合わせが維持されます。手動での焦点合わせ、事前スキャン、サンプル準備の手間を省けるようになります。

inVia Qontor コンフォーカルラマンマイクロスコープに搭載された最先端技術が、実験にかかる時間の短縮と、複雑なサンプルの簡単な解析を可能にします。

inVia: 究極の研究グレードのコンフォーカルラマンマイクロスコープ。

操作がシンプルなうえ、困難な実験においても優れたパフォーマンスと信頼できる結果を実現します。不連続なポイントから、情報が豊富で詳細なケミカルイメージと非常に明確なデータの両方を生成できます。幅広いサンプルに対応できる inVia は、世界中の科学者やエンジニアの皆様から高い信頼をいただいています。

信頼できるパフォーマンス

高効率な光学設計により、ごく微量の物質や大量の物質から、最高のラマンデータが得られます。以下のような測定に活用できます。

  • 時系列: 時間の経過に応じたサンプル変化のモニタリング
  • 温度変化: 加熱/冷却セルを使用した相変化の確認
  • ラインスキャン: サンプルを表面方向または深さ方向にプロファイリング
  • エリアマッピング: 固定フォーカス位置での水平方向または垂直スライスから、表面形状に沿ったイメージを生成
  • ボリュームスキャン: 透明サンプルの内部構造の 3D イメージを生成
  • 透過マッピング: 大量の物質を分析して、バルクマテリアルの均質性を示す、深度平均 2D イメージを生成
  • 専門的な測定: ユーザーの装置 (シンクロトロンビームラインの制御装置など) からデータ収集をトリガー

inVia 用ソフトウェア WiRE のフル活用: 欲しいデータを収集し、最適な方法で解析および表示します

inVia ラマンマイクロスコープシリーズ

inVia には、フルオートメーションとフォーカストラッキングテクノロジーを備えたフラッグシップモデルの inVia Qontor から、エントリレベルの inVia Basis まで、3 種類のモデルを用意しています。

サンプルの観察

 

inVia Basis

inVia Reflex

inVia Qontor

ステレオ観察 (双眼接眼レンズ)

 ■

▲ 

メモリ保存および自動収集後表示

 -

ソフトウェアによる顕微鏡制御

 -

白色光/ラマンの自動切替え

 -

データを含めた自動白色光イメージ保存

 -

白色光とレーザービデオの同時表示

 -

白色光オートフォーカス (LiveTrack)

 -

ラマンデータ収集

 

inVia Basis

inVia Reflex

inVia Qontor

自動測定キューイング

自動フォーカストラッキング (LiveTrack)

-

-

アライメント調整および性能チェック

 

inVia Basis

inVia Reflex

inVia Qontor

内蔵ネオン波長キャリブレーション光源

-

自動キャリブレーションの内蔵参照基準

-

自動ラマンキャリブレーション補正 (クイックキャリブレーション)

レーザーの自動アライメント調整

ラマン信号の自動アライメント調整

性能状態チェック

-

記号解説

-利用不可

■オプション

▲標準装備

Centrus: 超高速ラマンイメージ

inVia に実装された高度なレニショーテクノロジーの鍵である Centrus は、単なる検出器ではなく、ラマン分光およびラマンイメージングに特化した製品です。高感度検出素子を搭載し、電子冷却によりノイズを超低レベルに抑えています。最適な性能で超高速データ収集 (1800 スペクトル s-1 以上) を行えます。

フルオート: inVia が測定を実施

inVia を使うことで、シンプルな方法で、幅広いサンプルに高い性能で対応できます。堅牢な設計と自動精密アセンブリにより、レーザー波長の切替え、回折格子の交換、ラマンイメージの取得といった、よく行われるタスクを高速、簡単、確実かつ人手を介さずに完了できます。複数のユーザーが介在する、多忙なラボにとっては不可欠な要素です。

装置の調整ではなく、科学的分析に集中できます。

ニーズに応じる汎用性

研究および実験に最適な構成の inVia にカスタム可能です。購入時でも購入後でも、レーザー、光学部品、およびアクセサリを選定してください。

規格準拠

Class 3B1 レーザー製品 (要望に応じて Class 1 も利用可能)

1IEC 60825-1:2014 により規定

動画の視聴

  • Choose Renishaw inVia for Raman Choose Renishaw inVia for Raman [en]

    The range of uses and the flexibility of the Renishaw inVia confocal Raman microscope. A research grade, totally automated, totally configurable, highly flexible confocal Raman microscope.

    [506.6MB]

詳細情報のダウンロード

  • カタログ:  inVia™ カタログ: inVia™

    レニショー inVia: 世界で最も販売数が多い高性能ラマン顕微鏡

  • プロダクトノート:  Centrus 高感度・ 超高速ラマンイメージング プロダクトノート: Centrus 高感度・ 超高速ラマンイメージング

    レニショーラマンシステムの中核を成す Centrus は従来の検出器にはない、次のよ うな高度なレニショーテクノロジーを実装したキーコンポーネントです。 - StreamHR™ Rapide および StreamLine™ Rapide:超高速ラマンイメージング - 高速時系列モード:変化中の物質を高速分析 - SynchroScan™:ラマンおよびフォトルミネセンスで広い範囲のアーティファクト の無いスペクトルを取得

詳細について

inVia の性能

inVia の高いパフォーマンスは、分析で求められる要求に答えます。

詳細については、下記からご覧ください。

inVia の詳細

inVia は、測定に合わせて構成できる、柔軟性の高いラマンマイクロスコープです。

詳細については、下記からご覧ください。

inVia の最新ニュース

広州医科大学 (中国) がレニショー製 inVia™ 共焦点ラマンマイクロスコープを用いた非侵襲の前立腺癌検診法を開発

Guangdong Medical University (広州医科大学) での新たな研究が、レーザーを使ったアプローチが前立腺癌の検出において飛躍的な進歩になる可能性がある、と投げかけています。

inVia を使って世界のエネルギ問題解決に取り組む Caltech

Caltech (カリフォルニア工科大学) は、日光、水および二酸化炭素だけを使って太陽燃料を生み出す効率的な方法の開発に取り組んでいます。

inVia を応用した輸血用血液袋の保管血液の測定

カナダ、バンクーバーにある University of British Columbia の Michael Smith Laboratories が、保管してある血液中の赤血球の生化学的変化やドナー間の変動性のモニタリングツールとしてラマン分光を用いる方法をリードしています。

癌治療における細胞と組織の放射線損傷の検出へのラマン分光法の応用

カナダ、University of British Columbia の Irving K Barber School of Arts and Sciences では、物理学、工学、放射線腫瘍学などの多くの専門分野の科学者で構成されるグループが、癌治療で使用されるイオン化放射線によって引き起こされる細胞と組織の損傷を検出して理解する研究を行っています。