ナビゲーションのスキップ

工程内制御

アクティブな制御を行うことで right-first-time を実現できます。

Productive Process Pyramid™ の工程内制御層では、金属切削工程に統合された制御を行います。これらのアクティブな制御では、パーツ切削取り分、工程固有の偏差、予想できない出来事に自動的に対応して、工程の規格外要因を低減します。

切削工程での制御

ピラミッド型高生産性プロセス (The Productive Process Pyramid™) - 工程内制御 Productive Process Pyramid の工程内制御層では、工具の摩耗や温度の変化など、機械に固有の偏差の原因に対応し、機械加工を行いながらプロセスにインテリジェントなフィードバックと対応情報を提供します。 

切削工程途中に適用するアクティブな制御です。

工程内制御により可能になるのは・・・

  • 機械上の RMP600 パーツの歪み、工具の振れおよび温度変化などによる加工工程中のばらつき/変動に対して、適応制御方式で行う金属切削加工
  • 実際のパーツ切削取り分に応じた座標系、パラメータ、オフセット、論理プログラムフローの更新

工具折損検出で確認できるのは・・・

  • TRS2 工具の存在
  • 工具の位置 - 工具が引き抜かれていないことを確認
  • 工具折損、工具エッジの欠損

アクティブな制御

アクティブな制御を行うことで、試作なしでの生産が可能になり、やり直しや再加工の時間が不要になります。

自動工程内での計測により、オペレーターの作業中に機械を止める必要がありません。

サイクル内測定を行うことで、データに基づいて機械自身が判断を行い、長時間にわたる完全自動運転が可能になるため、生産能力を向上できます。

レニショーのワーク計測プローブTRS2 工具認識システムProductivity+™ を使用すると、自動フィードバックにより材料と環境の実際の状態に応じて金属切削作業を行えます。

高生産性プロセスパターン

資料