ナビゲーションのスキップ

プロセスコントロールの利点

今ある機械のままで生産量を増大させることができるとしたら、どうなるでしょうか。

現在の資産を活用して生産効率を向上

自動化を促進して、オペレータの介入量を低減

再加工品や特別採用品、スクラップの低減

生産能力を拡大し、受注を拡大

生産工程でプロセス制御を有効に活用することで、従来な寸法の品質保証を超えた大きな効果を望めるようになります。

現在の資産を活用して生産効率を向上

立型CNC工作機械

機械の容量を超えて稼働させる必要がある場合、その不足を補うために設備投資を行うか、コストをかけて外注に出す必要があります。このような状況で、収益性の高いオーダーを逃してしまうのは手痛い損失です。

でも、もし今ある機械で生産量を増大させることができるとしたらどうなるでしょうか。

  • 設備投資が不要
  • 外注費と従業員の残業費を削減
  • 新規ビジネスの可能性

自動化を促進して、オペレータの介入量を低減

OMP40-2 と OTS

熟練オペレータに依存した形で加工が続き、人件費と残業代がかさんでいませんか。もしくは、エンジニアが工程の改良に時間を充てられず、現場のトラブルで手が一杯ではありませんか。

このような人件費やトラブル処理のコストが削減できれば、企業の競争力にはどのような効果となって現れるでしょうか。

  • 手動段取りと計測工程を自動化
  • 人件費を削減
  • 人員を事前対策業務に再配備

再加工品や特別採用品、スクラップの低減

中身

スクラップは時間と手間、材料の無駄で、痛手以外の何物でもありません。同様に、再加工品や特別採用品は納期の遅れやトラブルへの後手後手な対応処置、そして残業へとつながります。

このような品質保証関連のコストを大幅に削減できれば、顧客への対応速度および収益性にどのような効果となって現れるでしょうか。

  • 良品生産と品質の安定性を向上
  • ユニットあたりのコストを低減
  • リードタイムを短縮

生産能力を拡大し、受注を拡大

医療用パーツを計測するEquator

顧客からの要求がかつてなく複雑になっています。一方、規則や規制面からは生産工程全体を通して、より高度なトレーサビリティが求められています。生産能力が市場からのニーズに遅れをとっていませんか。

加工工程と製品検査能力を強化する、コスト効果の高い方策が必要だと感じていますか。

  • 顧客に最新鋭の生産能力を提供
  • 複雑なワークを受注
  • 顧客の求めるトレーサビリティ要求に対応

ダウンロード