ナビゲーションのスキップ

生産工程を一新

プロセス制御のエキスパート企業が、貴社の生産工程のパフォーマンスと効率変革をお手伝いします。

  • 現在の資産を活用して生産効率を向上
  • 自動化を促進して、オペレーターの介入量を低減
  • 再加工品や特別採用品、スクラップの低減
  • 生産能力の増強で受注量を拡大

加工精度のばらつきの根本原因に立ち向かい...

加工精度のばらつきは競争力と収益性にとっての脅威です。無駄や効率の悪化を招き、品質保証関連のコストやオペレーターの介在時間を増加させ、納期遅延とトレーサビリティの低下につながります。

品質が安定し、自動で生産性の高い部品加工を行う秘訣は、不安定要因の原因を特定し、その根本原因に対応することです。

レニショーの Productive Process Pyramid™ は工場内での不安定要因の特定と制御を行うためのフレームワークで、レニショーの革新技術、実証済みの手法、およびエキスパートの知識を活用しています。レニショーは、無停止運転/無人運転での加工が実現できるようお手伝いいたします。

...その成果を得る

  • 現在の資産を活用して生産効率を向上
  • 自動化を促進して、オペレーターの介入量を低減
  • 再加工を減らし、特別採用品、スクラップを低減
  • 生産リードタイムを短縮
  • 生産能力とトレーサビリティを向上
  • コストを抑制し、収益性を改善

Productive Process Pyramid™(ピラミッド型高生産性プロセス)

Productive Process Pyramid™ は、加工工程の偏差を組織的に排除し、パーツの処理量と規格準拠性を向上し、人為的なミスを排除する上で、各制御層がどのように相互依存しているかを示します。

4 層

生産性の高い安定した生産を行うための 4 層について以下に説明します。

精度管理の基本

ピラミッド型高生産性プロセス (The Productive Process Pyramid™) - 精度管理の基本

精度管理の基本層では、安定した工程の実行環境を整備し、機械性能の最適化とモニターを行います。 

加工を始める前に偏差の原因を排除する予防型制御です。

芯出し・段取り計測

ピラミッド型高生産性プロセス (The Productive Process Pyramid™) - 芯出し・段取り計測

芯出し・段取り計測層では、パーツの場所、工具のサイズ、機械のオフセットなどの偏差の原因に対応し、公差外のパーツの発生を防止します。 

切削開始直前に適用する予測型制御です。

工程内制御

ピラミッド型高生産性プロセス (The Productive Process Pyramid™) - 工程内制御

工程内制御層では、加工作業実行時に、インテリジェントなフィードバックを提供することで、工具の摩耗や温度変化など、加工作業自体から発生するばらつき要因に対する制御・調整に取り組みます。 

切削工程途中に適用するアクティブな制御です。

加工工程後のモニタリング

ピラミッド型高生産性プロセス (The Productive Process Pyramid™) -  加工工程後のモニタリング

最後の加工工程後のモニタリング層では、加工工程と完成パーツを仕様に対してチェックし、工程の状態と結果についてログを記録します。 

加工の完了後に適用する豊富なデータに基づく制御です。

プロセス制御活動

Productive Process Pyramid の各層は、加工工程の偏差の原因に対応するための一連の制御活動から構成されています。

プロセスコントロールの具体的作業  

資料