ナビゲーションのスキップ

VIONiC™ インクリメンタルエンコーダシステム with RSLM20 リニアスケール

機能

  • リードヘッドから直接デジタル出力
  • リードヘッドサイズ: 35×13.5×10mm
  • 最高分解能 2.5nm*
  • 最高速度 12m/s
  • 超低周期誤差: 平均±15nm* 未満
  • IN-TRAC™ オプティカルリファレンスマーク
  • デュアルリミット

メリット

  • インターフェース別途不要
  • トラブルシューティングや取付けに役立つ、高度診断ツールに対応
  • 高精度スケール
  • 汚れに対する高い耐性
ウェブサイトバナー用透明パッチ

VIONiC とは

VIONiC は、市場で高く評価されているフィルタリング機構と信号処理機能を搭載し、高い測定パフォーマンスを有するエンコーダです。

VIONiC はその特徴として、リードヘッドから直接デジタル出力を行います。アダプタを追加したり、インターフェースを別で用意したりしなくても、周期誤差を極めて低く抑え、汚れに対しては高い耐性を発揮します。また、高い性能だけでなく、省スペース性に優れたコンパクトさも兼ね備えています。

VIONiC リードヘッドでは、リニア、パーシャルアーク、ロータリの各種システムを構築可能です。

また、直感的に使用できる自動キャリブレーションモードが搭載されており、簡単に取り付けられます。さらに、高度診断ツール ADTi-100 (アクセサリ) を使用して、取付け時や現場での診断時に、リアルタイムでエンコーダからフィードバックを得られます。

RSLM20 スケールとは

RSLM20 は、インクリメンタル目盛りを 20µm ピッチで刻んだステンレススチールスケールです。IN-TRAC オプティカルリファレンスマークを、任意の 1 点を選べる等間隔配置や、スケールの中央または端での 1 点配置などから選択できます。長さ 5m 以上で±4µm 以内の精度 (勾配とリニアリティを含む) という、ファインピッチのガラススケールに匹敵する性能を備えています。リール巻き式のため、保管と取扱いが簡単で、伸ばしてスケールとして使用します。
ニーズに合わせて、専用両面テープ取付けか機械式クリップ取付けを選択できます。どちらの取付け方式でも、機材に影響されない熱膨張率を維持できます。

このエンコーダシステムのメリット

レニショーにおける最高性能の光学式インクリメンタルエンコーダ

VIONiC は高速動作と高分解能を兼ね備えたエンコーダです。高度な内挿分割チップを内蔵し、分解能 2.5nm を達成しています。あらゆる場面で高い精度と繰り返し精度を発揮できます。最高クロックレートは 50MHz で、最高速度 12m/s での動作が可能です。分解能 0.1µm では 3.63m/s が可能で、要求が厳しい製造プロセスに理想的です。

トラブルシューティングとトラブル解決が簡単

取付けが難しい場合や現場でのトラブルシューティング用に、エンコーダのリアルタイムデータを取得できる高度診断ツール ADTi-100 と ADT View ソフトウェアをご用意しています。エンコーダが機械に隠れている場合に非常に便利で、機械の停止を極力抑えて診断を行えます。ソフトウェアのインターフェースは直感的な作りになっています。また、下記の機能が使用できます。

  • リモートキャリブレーション
  • 軸のフルストロークにわたる信号の最適化
  • リードヘッドピッチの表示
  • リミットおよびリファレンスマーク位置の表示
  • エンコーダ位置をデジタル表示 (スケールに対する相対位置)
  • 時間 v.s. 速度グラフのモニタリング
  • データのエクスポートと保存

高い信頼性と精度の両立

VIONiC と RSLM20 を組み合わせたシステムには、テープスケールの利便性、頑丈さ、使いやすさといった利点があります。また、ガラススケールよりも精度が優れているため、高性能な長軸に最適です。

高度診断ツール ADTi-100 (アクセサリ)

VIONiC 高度診断ツール

VIONiC エンコーダシステムは、高度診断ツール ADTi-100 とソフトウェアの ADT View に対応しています。取付けや診断が難しい場合に役に立つ、エンコーダのさまざまなデータをリアルタイムで取得できます。ソフトウェアのインターフェースは直感的な作りになっています。また、下記の機能が使用できます。

  • リモートキャリブレーション
  • 軸のフルストロークにわたる信号の最適化
  • リードヘッドピッチの表示
  • リミットおよびリファレンスマーク位置の表示
  • エンコーダ位置をデジタル表示 (スケールに対する相対位置)
  • 時間 v.s. 速度グラフのモニタリング
  • データのエクスポートと保存

技術仕様

対応スケール

RSLM20: 高精度ステンレススチールスケール

RSLE20: スケール端にリファレンスマークを配置 RSLC20: リファレンスマークを任意で選択可能

リードヘッドサイズ (長さ×幅×厚さ)

35mm×13.5mm×10mm

スケールピッチ

20µm

熱膨張率 (20℃時)

10.1±0.2µm/m/℃

精度等級 (20℃時)

±1.5µm (1m まで)、±2.25µm (2m まで)、±3µm (3m まで)、±4µm (5m まで)。校正は国際基準に対してトレーサブルです

リファレンスマーク

IN-TRAC リファレンスマーク

リファレンスマークの位置は選択可能 (詳細はデータシート参照)

リミットスイッチ

デュアルリミット

スケール長

20mm~5m

最高速度

最高 12m/s

(詳細はデータシート参照)

周期誤差

平均±15nm 未満*

動的信号制御

オートゲインコントロール、オートバランスコントロール、オートオフセットコントロールを含む、さまざまな作動条件で最適性能を達成するためのリアルタイム信号適正化処理

インクリメンタル信号


分解能 5µm~2.5nm

(詳細はデータシート参照)

電気接続

ケーブル長 0.2m、0.5m、1m、1.5m、2m、3m: D サブコネクタ (9 ピンと 15 ピン)、円形インラインコネクタ (12 ピン)、JST コネクタ (14 ピン)

電源

5V-5/+10%、平均 <200mA 完全終端

振動 (動作時)

最大 100m/s2@55Hz~2,000Hz

衝撃 (非動作時)

500m/s2、11ms、½ sine、3 軸

動作温度 (システム)

0℃~+70℃

防水防塵性能

IP40

*<±10nm の周期誤差は、セットアップが最適な場合の値です。詳細については、レニショーまでお問い合わせください。

詳細については、データシートを参照してください。