ナビゲーションのスキップ

高度診断ツール (ADT)

高度診断ツール (ADT) とは

高度診断ツールの ADTa-100 と ADTi-100 とは、レニショー製アブソリュートエンコーダの RESOLUTE™EVOLUTE™、またはインクリメンタルエンコーダ VIONiC™QUANTiC™ そして ATOM DX™ から、総合的なデータをリアルタイムで取得するためのツールです。取得したデータは、使い方が簡単なソフトウェアの ADT View で表示します。システムのセットアップには、エンコーダに搭載された内蔵セットアップ LED が十分なことがほとんどですが、高度診断ツールは、通常よりも取付け条件が難しい場合に使用します。また、エンコーダのパフォーマンスをフィードバックして、長時間のダウンタイムを避けるためのシステムのトラブルシューティングにも活用できます。

高度診断ツールは、Windows® タブレットまたは PC に USB ケーブルで接続します。また、ADTi-100 は、制御ループの一部として、リードヘッドとコントローラの間にインライン接続することもできます。

ADT View とは

ADT View は、ADTi-100 または ADTa-100 から取得した総合的なリアルタイムデータを表示するための、使いやすいソフトウェアです。レニショー Web ページからダウンロード可能です。直感的に使えるインターフェースをしており、便利な機能を搭載しています。高度診断ツールから取得した情報を表示し、主要データのエクスポートや保存などが行えます。

高度診断ツールのハードウェア

ADTi-100

VIONiC 高度診断ツール

ADTi-100 は、インクリメンタルエンコーダの VIONiCQUANTiC または ATOM DX と使用します。

特長とメリット

  • リードヘッド調整に役立つリアルタイムのリモートモニタリング
  • 信号強度を光で通知
  • リファレンスマークの位相状態の表示
  • リミットスイッチの目視確認*
  • リードヘッドピッチの目視確認*
  • インクリメンタル信号とリファレンスマーク信号を、簡単にリモートキャリブレーション
  • オートゲインコントロールのステータスの表示
  • オートゲインコントロールをワンクリックで切替え可能
  • フルストローク各位置の信号強度を表示
  • デジタル表示
  • リサジュ出力
  • CSV ファイルでのデータ保存機能

*ATOM DX にはリミットスイッチがありません。またリードヘッドピッチ機能にも対応していません。

ADTa-100

高度診断ツール ADTa-100

ADTa-100 は、アブソリュートエンコーダの RESOLUTE または EVOLUTE と使用します。

特長とメリット

  • リードヘッド調整に役立つリアルタイムのリモートモニタリング
  • 信号強度を光で通知
  • フルストローク各位置の信号強度を表示
  • デジタル表示
  • CSV ファイルでのデータ保存機能
  • ゼロ位置の設定
  • スタンドアロンでも、詳細情報取得するための ADT View との連携使用も可能
  • アラームや警告の表示
  • 全プロトコルに対応

高度診断ツールおよび ADT View の入手方法

  • ADTi-100 はパーツ No. A-6195-0100 にて、レニショーまでご注文ください。 
  • ADTa-100 はパーツ No. A-6525-0100 にて、レニショーまでご注文ください。
  • ADT View は、以下からダウンロード可能です。

ソフトウェアのダウンロード

  • ソフトウェアダウンロード: ADT View ソフトウェアバージョン3.2.0.0 [en]

    ADT View はキャリブレーションや診断に活用できる包括的なフィードバックを VIONiC™、QUANTiC™、ATOM DX™ エンコーダシステムからリアルタイムに取得します。このソフトウェアは、ADTi-100 と一緒に使う必要があります。このハードウェアの購入については、レニショーまでお問い合わせください(パーツ No. A-6195-0100)。このハードウェアは USB ケーブルで Windows® タブレットまたは PC に接続するか、接続機器にインライン接続します。

    [180.3MB]