ナビゲーションのスキップ

現場でのフレキシブルなプロセスコントロール

世界中のメーカーがプロセスコントロールに使用する Equator™ ゲージングシステム

スクラップを低減

一般的に、パーツのスクラップにかかるコストは、適切なプロセスコントロールを整備することで削減できます。全自動のインラインプロセスコントロールを使用する場合でも、独立したプロセスコントロールを使用する場合でも、高速性を備えた Equator であれば、パーツの抜取り検査から全数検査に移行でき、結果として大幅に工程の能力を向上できます。

Equator の Process Monitor 機能では、リアルタイムの計測データを棒グラフや図で確認でき、スクラップが発生する前に対応できます。

ボトルネックを減少

三次元測定機は、加工現場周辺の温度制御室に多くの場合設置されています。検査には追加コストがかかるだけでなく、多くのパーツが測定を待っているような状態では、検査データを取得するまでに時間がかかる場合があります。  このような遅延が発生すると、製造作業を一時停止するか、パーツが公差内かどうかを確認しないままリスクを冒しながら製造を続行することになります。

汎用性に優れた高速動作の Equator を使用することで、短時間でパーツを入れ替えてサイクルタイムを短縮できます。熱の影響を受けにくく使い方も簡単なため、加工現場で直接パーツの測定を行って時間を短縮できます。

低い所有コスト

Equator は短期間でその投資を回収できます。手動で行っていた測定を Equator による自動測定に切り替えることで、検査処理量を大幅に向上でき、また人件費を削減できます。関連する治具を含む同等のカスタムゲージと比較すると、Equator のコストはその数分の一ですみます。

また、Equator はプログラミングしなおせるため、修正パーツや新しいパーツを測定するために、カスタムゲージを高い費用をかけて作り直す必要がありません。

簡単に自動化を実現

「スマートファクトリ」の登場に伴い完全自動製造プロセスに対するニーズが高まる中で、多くの Equator が自動化セルに組み込まれ活躍するようになっています。

EZ-IO キットは Equator に付属可能で、自動生産セルの各種装置と Equator を接続します。Equator へのパーツ搬送には、ロボットかシャトルタイプの装置を通常使用します。

温度変化の影響を受けにくい

Equator は、温度制御室ではなく加工現場でパーツを短時間で正確に測定できることから、多くの場面でその威力を発揮します。

Equator の革新的な測定技術は、製造したパーツを基準となるマスターパーツと比較する従来の方法をベースにしています。マスターの再測定は製造パーツの測定と同等の速度で実施でき、温度変化を補正できます。

再プログラムが可能

設計・製造環境では、頻繁に改良が行われます。Equator は、その時のパーツだけでなく、将来的な設計変更にも対応できる最適な単一ゲージングシステムです。

Equator に組み込まれたレニショーソフトウェアの MODUS を使用することで、簡単にパートプログラムを変更したり、形状を追加および変更したりできます。

高い汎用性

数週間ごとに異なる製造パーツを製造するような場合、簡単にパーツの切り替えができる Equator が不可欠です。

Organiser™ を使用することで、画像、パーツ名、バーコードを使用して簡単にパートプログラムを選択できます。さらに、再現性の高いフィクスチャとプレートを使って短時間で治具の交換ができます。