ナビゲーションのスキップ

Equator™ 500 ゲージングシステム

新製品 Equator™ 500:実績のある Equator 300 のメリットをそのままに、より大きなパーツに対してにインテリジェントなプロセスコントロールを実現

直径 500mm、高さ 400mm の測定範囲を有する、新登場の大型な Equator 500 でより大きなパーツの測定が実現します。

Equator 300 と Equator 500 はどちらも動作温度範囲が 5℃~50℃で温度変化率の影響は受けません。また、200mm/s を超える速度でスキャニング可能です。

使用方法がシンプルなオペレーター用ソフトウェアの Organiser、オートメーション用ソフトウェア EZ-IO、CNC 工作機械での工具オフセット更新を行う IPC(Intelligent Process Control:インテリジェントプロセスコントロール)ソフトウェアにそれぞれ対応しています。

広くなった測定範囲

Equator 500 の測定範囲は SM25-2 スキャニングプローブ使用時で、XY 平面方向で直径 500mm、Z 方向で 250mm です。また、SM25-3 スキャニングプローブを使用すれば、Z 方向の測定範囲は 400mm まで拡張可能。200mm までのスライラスの使用が可能になり、より多くの形状に届くようになります。Equator 500 の最大積載重量は 100kg です(パーツと治具の合計重量)。

一般的な用途としては、車やトラックの変速機やエンジンケーシング、コネクティングロッドやディファレンシャルハウジングなどの駆動系パーツ、サスペンションのケーシング、プレスパーツ、バルブおよびポンプの製造などです。

Equator 500 の稼働範囲のイメージ

温度の急変にも追従する精度。45℃以上にも対応。

気候条件により、日常的におよび季節的に気温周期が変動します。例えば、朝冷えていた加工現場も、外部環境や機械の温度上昇に応じて気温が上がります。本システムはこのような温度変化にリマスタリングを行うことで対処できることが証明されてます。つまり、最初のパーツを製造した直後に正確な測定を実施でき、条件の変化に関係なく測定精度を維持できるのです。

Equator 300 と並んだ Equator 500


Equator 300 および 500 からダイレクトに工具オフセットを自動更新

Equator は新らしい IPC ソフトウェアに対応しています。このソフトウェアを使用することで、加工工程をコンスタントにモニタリングおよび自動調整することができるようになるため、パーツの寸法を公称値に近づけてプロセスコントロールのリミット内に維持できます。プロセス中のずれをこのように補正することで、パーツの品質向上や製造能力の拡張、さらにはスクラップの低減につながります。Equator と CNC プロセスを近くに配置することで、測定時に調整が可能になります。そのため、遅れを回避でき、完成品を使った(下流工程での)寸法計測に依存しなくてもよくなります。Equator は複数台の CNC 工作機械コントローラに接続できます。

新 Equator 500:Equator 300 と同時に IPC で更新

詳細について