ナビゲーションのスキップ

オートメーションおよびプロセスコントロール

Equator™ の稼働方法には、手動と自動化セルへの統合があります。

Equator を活用した自動プロセスコントロール

Equator のハードウェアソフトウェアは、手動操作と自動操作どちらにも対応可能です。Equator は、製造ラインで旋盤、マシニングセンター、研削盤などの機械の間に使用できます。数秒でパーツを切り替えられるため、1 台の Equator で 1 個の製造セルに含まれる複数機械からのパーツを測定できます。

製造ラインや製造セルへの Equator の統合

Equator には、各パーツに適したクイックリリース治具を使用してオペレータやロボットが素早くパーツをロードできます。高価な高精度治具は必要ありません。Equator のベースには、治具プレートの交換時に優れた繰り返し精度を発揮する三点支持機構が搭載されているため、各種パーツの治具を手動または自動で交換できます。まったく同じ治具を使用した 2 枚の治具プレートを使用し、Equator でのパーツの測定中に、一方の治具プレートから前のパーツを外して次のパーツを固定することもできます。