ナビゲーションのスキップ

ナノインデンテーション

ラマンの in situ 測定の包括的な化学解析により、くぼみから直接機械特性を相関測定します。

ラマン/ナノインデンテーション

ナノインデンテーション測定に inVia のパワーを応用することで、機械特性およびトライボロジー特性と、結晶化度、結晶多形性、位相、応力状態/歪みなどの化学情報を直接相関させることができます。

1 台の複合システムで複数の役割

inVia には、レニショーの光ファイバーテクノロジーを使用することで、Hysitron の TI 950 TriboIndenter® などの各種ナノインデンテーションシステムを連結して使用できます。このように装置を統合して使用することにより、特性評価能力を大幅に強化することができます。

さらに、装置間でサンプルを移動して位置合わせを行わなくても、サンプルの同じ場所をくぼみとラマン分光の両方により解析することができるため、効率性が大幅に向上します。また、inVia とナノインデンテーションシステムを個別に同時使用することも可能です。個々の性能には影響しません。

サンプルから高度な相関データを取得

  • ナノスケールのくぼみ、傷、摩耗の解析
  • 局所的特性、機械特性、トライボロジー特性の判断
  • 表面トポロジーイメージングのための in situ SPM
  • ラマン分光による化学特性と構造特性の解析

機械特性と変形動作に関するナノスケール、ミクロンスケールの詳細データを取得できます。

アプリケーションノートのダウンロード

  • アプリケーションノート:  インデンテーションとラマン分光法の統合 アプリケーションノート: インデンテーションとラマン分光法の統合

    ナノインデンテーション測定に inVia™ の機能を応用し、機械特性およびトライボロジー特性と、結晶化度、結晶多形性、位相、応力/歪 みなどの化学情報を直接相関させます。ラマン分光は、物質の組成、均一性、歪み、応力、秩序の乱れを調べるために広く使われている高機能な技術です。しかし、物理特性、機械特性、トライボロジー特性を直接評価できるわけではありません。レニショーと Hysitron 社は、inVia コンフォーカルラマンマイクロスコープと TI 950 TriboIndenter を組み合わせることで、包括的な 化学解析と機械特性を直接 in situ で相関測定するシステムを開発しました。

『Microscopy and Analysis』誌の記事のダウンロード

詳細について

ナノインデンテーションの最新ニュース

米国コロラド大学ボルダー校がラマン分光とナノインデンテーションを統合

コロラド大学ボルダー校のバイオメカニクス・バイオミメティクス研究所では、レニショーの inVia™ confocal ラマンマイクロスコープを使用して生物組織とバイオマテリアルの特性評価を実施しています。このシステムを、米国ミネアポリスを拠点とする Hysitron Inc のナノインデンターシステムとインターフェースさせて、サンプルの化学情報と機械情報を取得しています。