ナビゲーションのスキップ

プローブ計測の貢献例

プローブ計測システムの真の能力、お客様の生産工程の向上にどう役立つのか、また他社でのレニショーのソリューションの導入事例をご覧ください。

プローブ計測の用途

既存のお客さま

プローブ計測は、簡単なワーク芯出し作業にしか用途がないと思われがちですが、実際には加工生産のサイクル全域で使用でき、見逃してしまいがちなさまざまな情報を豊富に取得できます。そういった情報を分析し、対処することで、切削加工の自動適応制御が可能となり、オペレータ介入の必要性を低減し、高精度品生産への可能性を拡大できます。

加工済みパーツをその加工に使用した機械上で計測することもできます。寸法精度のレポートや加工中に自動的に行われた更新について確認できます。

寸法計測プローブ工具計測プローブおよびソフトウェアといった各種レニショープローブ計測製品は、単なるパーツ芯出し作業用の製品ではありません。下記のような用途にも活用できます。

  • パーツの識別
  • インテリジェントなプログラム選択
  • パーツの有無の確認
  • 工具の識別
  • 工作機械の機能チェック
  • クリアランスのチェック 
  • 切削パスの最適化
  • 適応制御式機械加工
  • 切削工具パラメータの更新
  • ダイナミック再加工
  • 温度変化の補正
  • 工具の状態のモニタリング
  • 工程に関するレポート作成

レニショーのプローブ計測システムはこれまで、航空機、自動車、エレクトロニクス、医療機器、製薬、金型産業、研究開発部署、重工業など、幅広い産業のたくさんの企業で採用され実績を挙げています。

レニショーのプローブ計測技術を導入し、その効果を実現している企業の事例については、工作機械自動化記事をご覧ください。

プローブ計測による生産工程へのメリットの試算

現在、手作業で工具計測やワーク芯出しを行っている場合は、ベネフィットカリキュレータにてオンマシンプローブ計測との比較をお試しください。

関連工作機械用製品資料

詳細および工作機械の資料については、参考資料を参照してください。