ナビゲーションのスキップ

プローブを使う理由

プローブとは、物体表面との接触という「イベント」をきっかけに、高い繰り返し精度でトリガーを出力するように設計された精巧なスイッチです。

レニショープローブ計測システム

時は金なり。手動でのワーク芯出しや完成品の寸法検査に要する時間を、機械加工に費やした方がはるかに価値があります。レニショープローブシステムは、価値を生まない機械停止時間を抑制し、手動の芯出しや寸法検査で起こりがちなスクラップパーツの発生を防ぎます。

オンマシンプローブ計測システムの活用例

現在の資産を活用して生産効率を向上

機械を過剰に操業させている場合、加工能力の不足を補うために高価な設備投資の必要に迫られているか、もしくは、コストをかけて外注に出すか、です。このような状況で最悪なのは、収益性の高い注文を断るような事態になってしまったときです。

今ある機械のままで生産量を増大させることができるとしたら、どうなるでしょうか。

  • 設備投資を先送り
  • 外注費と従業員の残業費を削減
  • 新規ビジネス開拓の可能性

自動化を促進して、オペレータの介入量を低減

熟練オペレータに依存した形で工作機械の加工操業が維持され、人件費と残業代がかさんでいませんか。もしくは、エンジニアが工程の改良に時間を当てるのではなく、現場のトラブルで手が一杯ではありませんか。

手動による段取りおよび計測工程を自動化できるとしたら、どうなるでしょうか。

  • 工場でのサポートコストが削減
  • 人件費を削減
  • スタッフを事前対策業務に再配備

再加工品や特別採用品、スクラップの低減

スクラップは時間と手間、材料の無駄で、例外なく大きな痛手です。同様に、再加工品や特別採用品は、納期の遅れやトラブルへの後手後手な対応処置、そして残業へとつながります。

このような品質保証関連のコストを大幅に低減できれば、顧客への応答時間および収益性にどのような効果となって現れるでしょうか。

  • 良品生産と品質の安定性を向上
  • 単一ユニットあたりのコストを低減
  • リードタイムを短縮

生産能力の増強で受注量を拡大

顧客からの要求がかつてなく複雑になっています。一方、規則や規制面からは生産工程全体を通して、より高度なトレーサビリティが求められています。生産能力・機能が市場からのニーズに遅れをとっていませんか。

加工工程と製品検査能力を強化する、コスト効果の高い方策が必要だと感じていますか。

  • 顧客に最新鋭の生産能力を提供
  • より複雑なワークの加工を受注
  • 顧客の求めるトレーサビリティ要求に対応

プローブ計測による生産工程へのメリットの試算

現在、手作業で工具計測やワーク芯出しを行っている場合は、ベネフィットカリキュレータにてオンマシンプローブ計測との比較をお試しください。

関連工作機械用製品資料

詳細および工作機械の資料については、参考資料を参照してください。