ナビゲーションのスキップ

レニショー贈収賄防止ポリシー

レニショーでは、あらゆる形態の贈収賄や汚職を一切容赦しないアプローチを取っています。

レニショーでは、世界的な贈収賄防止プログラムを通じて、すべての従業員がこのアプローチを遵守していること、および英国贈収賄防止法の 6 原則を守ることを徹底しています。

違反を一切容認しないアプローチ

2011 年 7 月 1 日から英国贈収賄防止法 (Bribery Act 2010) が施行されるようになり、レニショーではいかなる形態の贈収賄や汚職も一切許容しないアプローチを打ち出しています。2011 年に設置した委員会では、レニショーグループ内での贈収賄のリスクを分析し、その推薦に基づいてレニショー取締役会は、レニショーグループ贈収賄防止ポリシー(「ポリシー」)の採用と実施を承認しました。レニショーでは、世界的な贈収賄防止プログラムを通じて、すべての従業員が違反を一切容認しないアプローチを遵守していること、および英国贈収賄防止法の 6 原則を守ることを徹底しています。

慣例に釣り合った手順

アプローチの一貫性を維持するためにプログラムは本社管理していますが、各市場に合わせて柔軟に対応します。

トップレベルの責任

レニショーの経営陣は、このポリシーを運用する上で積極的な役割を担います。常勤役員は、実績と進捗状況に関する定期的な報告を受けます。

リスク評価

社内法務部は、英国およびグループが活動するその他の国の経営幹部と協力して、リスクの高い領域を特定しており、現在では、コンプライアンスプログラムを通じてリスクを低減できるように経営陣と協力しています。各地域では、各地の操業環境にふさわしい贈収賄防止手順を整備する必要があります。

デューディリジェンス

レニショーのリスクベースアプローチは、サプライヤー、ビジネスパートナー、関連会社の社員にも適用されます。プログラムでは、グループが使用するエージェントやその他の代理店にこのポリシーを提供することと、新規のエージェントや代理店を任命する場合にデューディリジェンス手順を実施することが規定されています。

コミュニケーション(トレーニングを含む)

ポリシーはすべての社員(研修中の新入社員を含む)に発行されており、専用イントラネットページを開設して、関連する主要文書を提供しています。任務の遂行過程で贈収賄や汚職に遭遇する可能性のある社員についても特定を行い、オンライントレーニングモジュールやその他のトレーニングを実施しています。レニショーの従業員は、ポリシー違反や違反の疑いを報告する責任を担っています。

モニタリングと評価

レニショーでは、社内管理プロセスにより贈収賄防止要件へのコンプライアンスを定常的にモニターおよび評価し、監査委員会と取締役会に定期的にレポートを提出しているだけでなく、新しく発生するリスクについても、対応を行っています。

贈収賄防止ポリシーの全文については、次の文書を参照してください。

2015 年 2 月 18 日までの贈収賄防止プログラムのサマリー

  • 全社員向けの贈収賄防止ポータルを開設し、ポリシー、通知文書テンプレート、ディリジェンスに関する質問票、警戒すべき状況例などの専用文書を提供しています。
  • グループ子会社と事業部の主要責任者に対して、ポリシーに関する一対一のプレゼンテーション(およびリスク評価)を行い、本社の取締役にトレーニングを実施しました。現在、リスクベースアプローチに基づいてリスク評価を再度実施し、高リスクの特定子会社に連絡を取っています。
  • グループ全体の代理店契約を更新し、対象の代理店/サプライヤーに当社のポリシーとこの領域における期待について通知しました。
  • このポリシーに関する E ラーニングモジュールを製作および必要に応じて翻訳し、世界各国の多数の対象社員がこのラーニングモジュールを受講しました。
  • コンプライアンスを定常的にモニターしており、社内監査部門は子会社の監査訪問の一環として、特定チェック/告知を手順に含めました。
  • 対象新入社員に対して贈収賄防止トレーニングを実施できるように、英国本社の人事部とグループ法務部門が共同管理する新プロセスを整備しました。
  • 新しいサプライヤーポータルを開設して、サプライヤーの選出時にポリシーへのコンプライアンスを求めています。