ナビゲーションのスキップ

レニショー贈収賄防止ポリシー

レニショーは世界的な贈収賄防止プログラムを通じて、全従業員および取引をするすべての人がこのアプローチを守ることを徹底しています。本ポリシーでは、世界のあらゆる地域で施行されている贈収賄・汚職防止法の違反リスクについても対応を行っています。

レニショーは、いかなる形態の贈収賄や汚職も一切容赦しません。これについてはいかなる例外も認められません。贈収賄は違法であるだけでなく、非倫理的でもあり、社会に深刻な損害を与える可能性があります。

レニショーの執行委員会は、レニショー贈収賄・汚職防止ポリシーを承認しており、英国本社のグループ擁護責任者および事業活動を行う各国の擁護責任者が本ポリシーの監督とサポートを行います。

本ポリシーは、臨時職員、契約社員、研修生、レニショーグループ会社の代理を務めるエージェントおよび第三者をはじめとして、レニショーで働くすべての人々に適用されます。また、レニショーグループが事業を展開するすべての国で、すべてのビジネスおよび業務処理に適用されます。

ガバナンスおよびリスク評価

リスク評価および適正評価

レニショーの法務部が、英国およびグループが活動するその他の国の経営幹部と協力してリスクの高い領域を特定しています。また、経営陣と協力しコンプライアンスプログラムを通じてリスク低減を目指しています。各地域がそれぞれの事業環境に適切な贈収賄防止手順を整備する必要があります。

レニショーでは、サプライヤーおよび顧客に対する適正評価で次の 3 つの高リスク領域に焦点を置くようにしています。

  1. ビジネスを展開する場所はどこか
  2. どのようにビジネスを展開するか
  3. 誰とビジネスをするか

従業員トレーニングとコミュニケーション

レニショー贈収賄・汚職防止ポリシーはすべての従業員 (研修中の新入社員を含む) に発行されており、専用イントラネットページに主要情報を掲載しています。すべての従業員が贈収賄・汚職防止のオンライントレーニングを受けることになります。また、従業員はレニショーグループ法務顧問、もしくはレニショーの内部告発サービス、Speak Up を通じて、本ポリシーの違反の疑いを報告する義務を負っています。

監視と評価

レニショーでは、内部管理プロセスを通じて贈収賄防止要件のコンプライアンスを監視および評価しています。そして、監査委員会と取締役会に定期的に報告書を提出し、新たなリスクや発生リスクに対応を行っています。

この方針については、次の文書をご覧ください。

関連文書