ナビゲーションのスキップ

地質学

地質サンプルは、構造が複雑です。たくさんの鉱物が含まれることが多く (各々の結晶多形で存在していることが通常)、また固体、液体、気体が含まれる場合もあります。これらのすべての詳細を正確に分析するには、高空間分解能と高感度を備えたラマンシステムが不可欠です。

多種多様な地質サンプルの研究

ラマン分光は、地質学の研究に適したツールです。下記が可能です。

  • 鉱物とその結晶多形を同定
  • その他の有機物と無機物を同定して判別 
  • 薄い断片や研磨ブロックの粒子サイズと分布を判定
  • 透明な物質内の含有物のイメージを取得して同定 
  • 高圧環境などの各種環境でサンプルを研究 
  • 石油化学サンプルの特性を把握

平坦でない面やでこぼこの面のサンプルを分析

レニショーのラマンシステムは、ほとんどの標準的な地質サンプルに使用できます。加工を行っていないそのままのサンプルから研磨ブロックや薄い断片まで、各種サンプルのイメージを生成できます。LiveTrack™ フォーカストラッキングテクノロジーにより、サンプルの前処理をしなくても、でこぼこの面や複雑な形状のサンプルを分析できます。
  • 虎目石 虎目石

あらゆるレベルの構造を確認

地質サンプルには、1 ミクロンに満たないものから数ミリメートルにわたるものまで、さまざまな構造があります。レニショーの inVia コンフォーカルラマンマイクロスコープは、このようなあらゆる規模のサンプルのイメージを生成できます。

  • 高空間分解能: inVia は共焦点性が高く、サブミクロン単位の形状でも分析できます。さらに、液浸レンズやカバーガラス補正レンズなど、豊富な高品質顕微鏡対物レンズを使用して、小さな形状でも解明できます。
  • 大領域マッピング: HSES モータ駆動式ステージにより、数百ミリメートルの大きなサンプルでも分析できます。さらに、オプションのフリースペースマイクロスコープを使用すると、より大きなサンプルにも対応できます。
  • 高画質イメージ: WiRE ソフトウェアは、5000 万以上のスペクトルから構成されるラマンイメージを処理できます。さらに、高空間分解能で大きな領域をカバーすることも可能です。1 点のイメージから必要なすべての情報を取得できます。

信頼できる結果を取得

ほとんどの鉱物は頑強ですが、中にはレーザーの出力密度が高いと変質するものがあります。例えば、鉄化合物は酸化することがあります。StreamLine™ は、スポット状のレーザーの代わりに、ライン状のレーザーを使用しています。レーザーパワーの密度を低減し、高感度の物質を変質させたり、損傷することなく、分析を行えます。

物質を簡単に同定

当社の無機物鉱物スペクトルデータベースにより、材料を簡単に同定できます。さらに、高空間分解能の inVia コンフォーカルラマンマイクロスコープなら、結晶多形など、ラマンスペクトルが非常に似通った物質でも同定が可能です。

ラマンと SEM

レニショーの SEM-SCA により、ラマン分析を SEM で活用できます。この装置は、高空間分解能の SEM イメージと EDX 元素分析をラマン分光の詳細化学情報と統合するため、地質研究に特に効果的です。

セメントクリンカの 3D ラマンマップ

  • Raman image of cement clinker [gen]

    StreamHR mapping (with LiveTrack focus-tracking) was used to analyse the surface of a cement clinker nodule. The colours indicate the different materials present (silicates, ferrite, calcite, sulfate, and sulfide).

    [135.9MB]

詳細情報のダウンロード

  • カタログ:  医薬品分析用ソリューション カタログ: 医薬品分析用ソリューション

    レニショーはラマン分光装置において世界をリードしており、世界中のお客様に 25 年以上にわたってラマンシステムをお届けしています。また、世界中の科学者とエンジニアのネットワークを通じて、製品、アプリケーション、技術に関するエキスパートサポートを提供しています。医薬品分析にまつわる多くの課題について理解する弊社では、お客様のニーズを念頭に置いて開発された柔軟なソリューションをご用意しており、 製剤用でも品質分析用でもあらゆるニーズに合った様々なレベルのシステムを取り揃えています。

  • アプリケーションノート:  ラマン分光による調剤の安定性の研究 アプリケーションノート: ラマン分光による調剤の安定性の研究

    医薬品成分の多くは温度や湿度の変化に非常に敏感で、このような変化により結晶構造に影響が及ぶことがあります。製品の安全性と効率性を確保し、特許を守るためには、さまざまな状況におけるこれらの結晶多形と水化物の安定性を把握することが不可欠になります。

  • アプリケーションノート:  inVia コンフォーカルラマン マイクロスコープによる固体製剤の調査 アプリケーションノート: inVia コンフォーカルラマン マイクロスコープによる固体製剤の調査

    調剤には非常に多くの成分と特性が存在しますが、特許が切れた市販調剤の組成、ドメインサイズと分布を解明できれば非常に有益になります。この情報があれば、長い年月や膨大な費用をかけて開発活動を行わなくても、既存製品を製造する可能性が得られます。

  • アプリケーションノート:  製薬のモニタリング向け透過ラマン分光 アプリケーションノート: 製薬のモニタリング向け透過ラマン分光

    研究開発段階でも製剤段階でも、inVia ラマンマイクロスコープを使用することにより、短時間で簡単に透過ラマン分析を行うことができます。inVia の非常に優れた化学的特異性と感度を、透過ラマン構成でもご活用ください

  • Application note:  Using Raman spectroscopy to tackle polymorphism, an industry problem Application note: Using Raman spectroscopy to tackle polymorphism, an industry problem [en]

    This note looks at incidences of polymorphism in drug development including advantages and challenges. Ultimately this case study examines the trial of SmithKline Beecham (SKB) v Apotex, where Renishaw’s Raman instruments were used by SKB in an attempt to prove infringement of its Paxil® patent by Apotex, a generic competitor.

詳細について

ニーズに合わせたサポート

本分野の詳細または他分野については、アプリケーションチームにお問い合わせください。