ナビゲーションのスキップ

電気自動車の製造

EV 製造の未来

当社は、自動車メーカーの内燃エンジンから EV (電気自動車) への移行を、加工済みケーシングのマルチセンサー高速スキャニングや燃料電池の材料分析といった面でサポートしています。

EV 関連の資料をダウンロード

iPad に表示されたパンフレットの表紙

革新的なものづくりを目指すパートナ

ハイブリッド車や電気自動車といった新エネルギー車の生産加速に伴い、自動車製造や製造手法にも大きく変化しています。技術開発は絶えず進むため、製造の柔軟性と適応性が、EV への移行におけるビジネスとしての成功の鍵です。

プロセス内のドリフトを修正できるほどスマートで、かつさまざまな設計に対処できるほど柔軟な製造プロセスと測定プロセス。これらを用いて、お客様が EV 生産に素早く適応するためのサポートをレニショーは提供します。

Adobe Stock の画像: 電気自動車のバッテリ

自動車バッテリ

  • 原材料解析
  • 航続距離リサーチ
  • サプライチェーン管理

非破壊のラマン技術が、高速充電時や超高温時など、さまざまな動作時条件でのバッテリ性質の調査に有効です。バッテリの反応や効率化についてご覧ください。

Adobe Stock 画像: 半導体

電力用エレクトロニクス

  • 非破壊式の材料検査
  • 品質と原料歩留まりの向上
  • 使用中の故障低減

新たな半導体材料により、最大電源供給量と効率が拡大し、小型化と軽量化が可能になっています。このような処理が難しい半導体材料の理解と機能向上した機器の開発には、ラマン技術が有効です。

EV のステータと REVO

電気モータ

  • ヘアピンほどの高さでも合否チェック
  • 絶縁紙チェック
  • ステータの REVO による高速検査

最終品が不良コンポーネントのせいでスクラップになってしまうことを防ぎます。現場で使える、当社の Equator™ なら、ステータのラミネート層サブアセンブリの形状を高速測定可能です。設計が変更されても、プログラムの変更で対応できます。

ギヤボックスの NVH 抑制

  • クローズドループ生産のプロセスコントロール
  • 製造時のインライン測定システムとマルチセンサー測定システム
  • スピードと柔軟性で設計と検査工程を適応

コンポーネントの公差を制御することで、ギヤの高精度化やケースの高剛性化が可能になり、NVH (騒音、振動、ハーシュネス) を抑制し燃費を向上できます。

エンジン

  • 表面仕上げプローブ検査
  • バルブシートやバルブガイドの REVO による 5 軸スキャニングと非接触式検査
  • プロセスコントロールのための、表面状態とフォームのオンマシン高速計測

ハイブリッド車は、内燃エンジンの効率を極限まで使いつくす必要があります。エンジン効率は、シリンダヘッドのバルブシートやガイド内や周辺における、製造時のわずかなばらつきによる影響を受けます。REVO® 5 軸スキャニング技術で、バルブシートやガイド、燃焼室を検査して制御します。

自動車製造、内燃エンジンから EV への移行

新たな自動車技術が洗練され続けるに合わせて、生産の柔軟性や適合性が、従来の内燃エンジンからバッテリ式の EV への移行におけるビジネスとしての成功の鍵となるでしょう。

当社の Automotive Business Development Manager である Gareth Tomkinson が、EV への適応するために、レニショーの製造ソリューションがいかに貢献できるかを説明します。

EV 関連の資料をダウンロード