ナビゲーションのスキップ

バッテリーテクノロジー

ラマン分光は、研究開発を目的としたリチウムイオン電池の特性評価に理想的なツールです。レニショーの inVia コンフォーカルラマンマイクロスコープは、使用されている素材の基本研究から最終製品の品質管理や障害解析までの様々な調査に最適です。

材料の同定

inVia は有機物と無機物、結晶体と非結晶体、固体、液体、気体などの主要タイプの材料をすべて分析することができます。

感度が高いため、バッテリーの主要コンポーネントを簡単に特定できます。

  • カーボン材料
  • 金属酸化物
  • ポリマー
  • 電解液

分布と構造の判断

ラマンマッピングとイメージにより、電極面あるいは断面上の材料の分布を調べることができます。これにより得られたデータを定量化することで、混合比の推定や粒子統計情報などの指標を得ることができます。

in situ 測定

inVia は、各種のサンプルチャンバー、電気化学セル、不活性ガスのグローブボックスなどで使用できます。さらに、ポテンショスタットなどのデバイスから inVia をトリガリングできるため、in situ およびオペランド測定が可能になります。

損傷することなくデータを取得

リチウムイオンバッテリーのコンポーネントは、高パワーのレーザーにより変化したり損傷したりすることがあります。レニショーのラインフォーカスレーザー照射技術を使用すると、パワー密度は低減されますが、トータルのレーザーパワーを維持することができるため、信頼性の高い高品質データを高速収集することができます。

感度

高感度高い空間分解能の inVia は、バインダーなどの濃度が低い材料も検出できます。

相関情報

inVia を原子間力顕微鏡と組み合わせて使用することで、ラマン分光の化学情報だけでなく、AFM からの相関表面トポロジー情報を取得できます。

リチウムイオンバッテリー関連の問題の解決

inVia ラマンマイクロスコープの可能性についてご説明しますので、お問い合わせください。

アプリケーションノートのダウンロード

レニショーでは、お客様のニーズに合わせてサポートをお届けします。

本分野の詳細または他分野については、アプリケーションチームにお問い合わせください。