ナビゲーションのスキップ

ブレード測定

APEXBlade、SurfitBlade、MODUS で構成される Blade Toolkit により、標準測定技術の限界を克服

従来のブレード検査方法では、断面数が制限されていました。しかし、REVO のスイープスキャン技術を使用することで、ブレード全体を正確かつ短時間に測定し評価できます。

これにより高精度の接触式プローブを用いて取得したデータに基づき、断面(数は無制限)もしくは表面全体を解析できるようになります。

Blade Toolkit は、まず最初に APEXBlade を用いて衝突のないスイープスキャンプログラムを自動作成し、その後、三次元測定機上で MODUS によりこのプログラムを実行します。

スイープスキャン操作により、エアフォイルの表面全体をカバーする正確な「ポイントクラウド」が作成されます。ここで MODUS のポイントクラウドセクショニング機能を使用すると、必要な場所に断面を作成できます。

完全なデータセットが保存されるため、再測定しなくても、必要に応じて断面を追加できます。

その後、次の 2 通りの方法でデータを処理できます。

ブレード計測

寸法計測

MODUS により断面データを取得し、CAD モデルの設計要件と比較します。この解析結果は MODUS Reporter に出力されますが、保存用に定義済みの PDF 文書を作成することも可能です。

エンジニアリング

SurfitBlade でデータを処理し、完全な NURBS 面を作成することで、空気力学解析や応力解析などにも使用できます。

 

製品情報