ナビゲーションのスキップ

5 軸技術

測定における革命

従来の三次元測定機の測定方法とは異なり、レニショーの 5 軸技術では、三次元測定機とヘッドの軸を同期して動作させて非常に速い測定速度を実現しつつ、機械の動的な誤差を最小限に抑えます。

5 軸測定とは

レニショーの 5 軸測定技術は、先進的なヘッド、センサー、制御技術を使用し、幅広い測定を極めて高速で実施できます。従来の技術につきまとう速度と精度のどちらを取るか、という妥協を強いられることもありません。検査処理量が拡大し、リードタイムが短縮します。また、製品の品質を総合的に判断できるようになります。

位置決め式ヘッドや固定プローブを使用したシステムとは異なり、5 軸動作では、スタイラスの交換やヘッドの位置決めのために表面から離れなくても、複雑な部品の周囲の連続パスに沿って測定を行えます。三次元測定機とヘッドの動きを同期するコントローラのアルゴリズムにより、スタイラス先端の最適なパスが得られ、三次元測定機の動的誤差を低減します。

5 軸計測技術のエンブレム

5 軸測定技術について

従来の測定方法では、三次元測定機が、表面データを取得するために必要なすべての移動を行います。加速時に、慣性によるゆがみが機械の構造体に生じ、測定誤差になって現れます。

測定システムのメーカー各社は、何年もかけてこれらの動的誤差を撲滅する技術を開発してきました。しかし、機械とサーボシステムの剛性に起因する最高速度が存在しており、この速度を超えた場合には、測定の信頼性が損なわれます。

5 軸測定技術では、回転軸 2 軸周りで動く首振りヘッドを使用することで、この問題を克服しています。これにより、定速かつ単一ベクトル移動という、三次元測定機が本来得意とする動作を可能にしています。ヘッドは、三次元測定機に比べて非常に軽く、動作性に優れており、また、高い帯域幅を持つため、動的誤差を生じることなくパーツの形状変化に素早く対応できます。そのため、高速測定が可能になり、ひいては測定サイクルが短縮します。

5 軸測定システム