ナビゲーションのスキップ

REVO 5 軸測定システム

REVO® システムは、高性能スキャニング測定、非接触式測定、表面仕上げ分析すべてを、1 台の三次元測定機で可能にします。

マルチセンサー 5 軸測定システム

REVO システムは、超高速測定に発生する、三次元測定機の動的誤差を、測定機と同期した動きと 5 軸測定技術によって大幅に抑えています。

複雑な高速移動は REVO-2 ヘッドに任せ、測定機には低速の直線移動のみを任せることで、この誤差軽減が実現しています。そして、汎用性の高いプローブ(先端で検出)を使用することで、システムの精度と性能をさらに向上しています。プローブシステムは交換可能であり、低価格のチェンジャと組み合わせることで、システム構成を幅広く構築可能です。

高速性、正確性、敏捷性

REVO® 5 軸測定システムの新規導入やアップグレードには、下記のメリットがあります。

  • 表面仕上げと寸法検査
  • 15%~50% のサイクルタイム短縮
  • 検査処理量の最大化と、設備投資の最小化
REVO、高速性 + 正確性

5 軸測定技術と活用事例

高速かつ高精度のレニショー 5 軸測定技術は、多くの利点を備え、大幅に検査処理量を向上します。

詳細については、REVO 測定技術をご覧ください。

REVO マルチセンサーの 5 種類のシリーズ

REVO-2 対応プローブ

コントローラシステム

5 軸測定システム(機械の 3 軸とヘッドの 2 回転軸)の土台であるレニショーの UCC S5 三次元測定機コントローラには、5 軸測定技術が実装されています。固有のモーションコマンド、同期 および 5 軸測定機能には、UCC S5 に搭載されている特許技術が活用されています。

高速スキャニングを実現するには、5 軸測定システムに、コントロールループが完全に統合されている必要があります。このループの統合は、レニショーの UCC S5 および SPA3 システムを使用することで可能になります。

コントローラシステムの詳細

REVO システムチェンジラック

REVO-2 チェンジラック

REVO システムチェンジラックを使うことで、三次元測定機上でプローブおよびスタイラスホルダを自動交換できます。長いスタイラスや大型のスタースタイラスの使用や収納ができるようになるため、汎用性が高まります。

最適な測定を行うには、REVO 用交換ポート(RCP TC-2、RCP TC-3、RCP2)およびフレキシブルチェンジラック (FCR25) を用いて REVO の プローブおよびスタイラスホルダを自動交換することを推奨します。これらのポートは、モジュララックシステム (MRS2) に取り付けます。

RCP TC-2、RCP TC-3、RCP2 の詳細

高速キャリブレーション

基準球を使用した REVO のキャリブレーション

従来の三次元測定機のキャリブレーションには、大幅な時間がかかり、この時間を実際の計測に使用できたらという声が聞かれました。REVO-2 のシンプルかつ実用的なキャリブレーションでは、テーブルに固定した球を使用して、実際のヘッドとプローブの形状を決定します。そのため、単一操作でどの位置でも測定が可能になります。

三次元測定機で 1 個または少数のパーツを測定する場合、10 種類のヘッド位置が使用されるのが一般的です。そして、これらの位置のキャリブレーションを行うのには、30 分程かかります。一方、REVO-2 では 20 分しかかかりません。

三次元測定機で複数のパーツを測定する場合は、40 種類のヘッド位置が使用されます。キャリブレーションの所要時間は大幅に増え、実に 2 時間近く必要になります。REVO-2 ではこのような場合でも 20 分しかかかりません。

プローブの衝突後にキャリブレーションしたり、日常的にキャリブレーションを何度も繰り返したりすることになるため、最終的には相当な時間を短縮できます。

ケーススタディおよびアプリケーションノート

延長保証

万が一の事態に備えて、購入から 3 ヶ月以内の新しい三次元測定機用製品には、3 年間への延長保証をご利用いただけます。詳細は購入元にお問い合わせください。

製品情報

推奨類似製品

ここでは、REVO をご紹介していますが、既存三次元測定機への REVO のレトロフィット方法も併せてご覧ください。