ナビゲーションのスキップ

自動車

自動車業界の革命を推進

レニショーでは、長年にわたって効率性とパフォーマンスを高め、新しい部品をより速く市場に送り出すためのサポートを自動車メーカー各社に提供してきました。

現在は、代替燃料とオートメーションテクノロジーの未来に注目しています。

レニショーは自動車業界のサプライチェーン全体に携わっており、新技術の開発と採用に加えて、厳しさを増す性能目標にメーカーが到達するためのサポートに注力しています。特にパワートレインの製造を制御するための専門技術に秀でています。

注力分野

新プロセス

レニショーは、モータスポーツの分野で培った技術を活用して、金属、カーボンファイバ、特殊合金を使用したものづくりにおいて高いレベルの精度を実現しています。積層造形向け設計の自社開発技術と積層造形を使用して、射出成形の共形冷却金型など、従来の工法では不可能な部品の製作を可能にしています。

オートメーション

ドライブトレイン部品の量産 CNC 加工工程のクローズドループコントロール。

効率性

製造作業を厳格にコントロールすることでコスト削減を推進します。試作なしで正確にパーツを生産したり、製造スピードを落とすことなくスクラップと無駄を低減したりできるようになります。ひいては、部品あたりの材料費削減とサイクル時間短縮ができるようになります。

パフォーマンス

レニショーの技術は、より厳しい公差への準拠に取り組むことで、飛躍的なパフォーマンス改善を目指すメーカーに、特にエンジンやパワートレインなどの重要な領域のメーカーに貢献しています。

希望するサポートの内容

QC20-W ボールバーの使用イメージ

キャリブレーション 

繰り返し精度が高くと効率的な加工工程を確立するには、工作機械と三次元測定機を正確にセットアップするためのハードウェアとソフトウェアが基盤です。

ケーススタディを見る
Ducati デスモドロミックシステム

工具計測および工具折損検出製品

接触式/非接触式工具計測システムが、切削工具の状態または摩耗を検出して調整します。

ケーススタディを見る
SAI 社 - ホイールリム製造時のインライン計測を実施する RMP60。

オンマシンプローブ計測 

工作機械用プローブを使用することで、ワークの正確な芯出し、熱ドリフトなどの加工中の変化の確認、パーツの仕様と設計目的への準拠を実現できます。

ケーススタディを見る
Tremec Mexico 社で使用されている Equator

測定ゲージ 

Equator™ ゲージングシステムは、複雑なパーツでも正確な高速測定を行います。機械の傾向を追跡して自動プロセス調整を行い、熱ドリフトのような変化要因に対応します。

ケーススタディを見る

Kawasaki での三次元測定機のケーススタディ - 動作中の REVO

寸法計測 

5 軸 三次元測定機用プローブシステムで形状と表面仕上げを検査することで、シーリング面の性能と車両の効率を確保できます。また、エンジンブロックやシリンダーヘッドなどの精密部品のデータを高速で収集できます。

ケーススタディを見る

Web サイトバナー - ATOM DX™ と小型コンポーネント

ポジションエンコーダ 

磁気式エンコーダ干渉式レーザーエンコーダ光学式エンコーダが、長距離および限られたスペースにおいて正確な位置決めとモーションコントロールを実現します。

ケーススタディを見る

HiETA MiTRE 社のレキュペレータを内蔵した Delta Motorsport 製小型タービン

積層造形 

各種金属粉末を使用した金属 3D プリントにより、構造用の格子形状や内部支柱を始めとした、高強度・軽量部品を製作できます。

ケーススタディを見る

Inside_Raman_hero_7

ラマン分光 

塗料の材料組成や、コーティングの特殊材料と質のチェックに使用します。

詳細について

レニショーがお届けする事業サポートの事例をご覧ください

自動車のケーススタディ