ナビゲーションのスキップ

Reporter

ワーク計測データを、工作機械ユーザーのためにわかりやすく

結果出力をシンプルに

Reporter は、ワーク計測データを確認したいユーザーのための、リアルタイムモニタリングアプリケーションです。計測データを工作機械上で確認したり、CSV ファイルにエクスポートして外部解析したりできます。Windows® ベースの CNC コントローラか、イーサネットでコントローラに接続した Windows タブレットにインストールします。

スマートファクトリーのためのスマートアプリ

シンプル、直感的操作、使いやすさ。把握しやすい形式でデータを表示できるため、プローブ計測の経験がほとんどないユーザーや全くないユーザーに最適です。

シンプルでも高機能

Reporter では、グラフや図によって計測データが表示されます。グラフィカルな表示により、各計測の合否の目安を表示できます。さらに、データを蓄積することで、同一の工作機械で計測した全パーツの計測データを表示することもできます。

また、簡単なデータ解析も可能です。グラフィカルなメインディスプレイから選択してデータのトレンドを取得したり、そのトレンドから重要形状のトレーサビリティや工具摩耗の目安を把握したり、工作機械の軸の熱膨張を確認したり、などのことができます。

Reporter はワークの寸法計測以外にも役に立ちます。治具を繰り返し計測することで、ワークの検証と機械性能の明確な目安となる膨大なデータを取得できます。このように、Reporter は、プローブ計測システムや製造工程、工作機械の実用性を極力簡単にかつ短時間で最大限まで高めたいと考えるユーザーにとっての高性能なツールと言えます。

Okuma コントローラ上の Reporter

フレキシブルかつ高い適応性

Reporter は、Inspection Plus のプログラムや Set and Inspect のプログラムビルダーで生成したプログラムから取得したプローブ計測データを表示します。すでにプローブ計測を導入している場合は、プログラムを少し修正するだけで、Reporter に対応できます。

Inspection Plus との互換性があるため、使いやすさを維持したまま、幅広い工作機械や CNC コントローラで Reporter を使用できます。

データをエクスポートして詳細解析

スマートファクトリーでは、定期的に、製造工程に関するデータを収集し、その情報を問題解決や製造プロセスの最適化に役立てます。Reporter では .csv ファイルへデータをエクスポートできるため、オンマシン計測データの収集と共有が容易になります。

エクスポートしたデータは、トレーサビリティを確保するために保管したり、品質分析ソフトウェアにインポートしたりできるため、加工プロセスに関する貴重な情報を取得できます。

Set and Inspect が製造工程を劇的に改善

当社ユーザーが工作機械用アプリケーションをどのように活用し、製造工程を簡素化しているのか、その実例をご覧ください。

新しい Hartrol Plus コントローラは、当社機械の操作性を高める目的で設計されています。グラフィカルなユーザーインターフェースを介して、工作機械用プローブ計測ルーチンを簡単にプログラミングできる Set and Inspect は、打ってつけの追加装備です。

Hartford 社 (台湾)

動画のダウンロード

詳細情報