ナビゲーションのスキップ

inVia:ラマンイメージ

詳細を解明するケミカルイメージ

ラマンイメージを使用すると、材料の空間的情報やそれらの特性を明らかにすることができます。

次のようなサンプル変化の空間的関係を示すイメージを作成できます。

  • 各種物質の存在、その形状および組成
  • 化学種の分布とサイズ
  • 混合物内の相対量
  • 応力と歪み
  • 結晶品質
ラマンイメージは、通常サンプル表面から取得します。しかし、サンプルが適当であれば、垂直方向の「スライス」や内部の三次元イメージを生成して、新しい手段で化学的情報を確認することができます。

inVia によるラマンイメージの生成

レニショーの inVia は、ポイントマッピングに加えて、各種の高度なラマンイメージ生成手法に対応しており、それぞれが特有の機能を最大限に生かしています。inVia の持つフレキシビリティにより、必要なすべてのオプションを搭載することができます。

  • StreamLine™ – 高空間分解能で、大きな領域をカバーできる、高速でサンプルを損傷しないラマンマッピング統合された Slalom オプションを使用するとマッピング領域内で取り逃す部分をなくすことができます。
  • StreamHR™ – オーバーサンプリングによる高速高分解能ラマンマッピング
    • kHz 単位の速度でラマンスペクトルの収集を行うには、オプションの EM-CCD を使用します
  • True Raman Imaging™ – 既知の物質が存在するか、サンプルを迅速に調査
  • Surface™ - サンプル表面が傾斜していたり平坦でなかったりする場合でも、ラマンデータを収集

レニショー独自のこれらの技術を使用すると、優れたラマンイメージを生成できます。

データからイメージへの変換機能

レニショーの WiRE™ ソフトウェアには、ラマンデータから情報豊富なイメージを生成するために必要なツールがすべて搭載されています。

最適化された WiRE のデータ処理と分析ルーチンを使用すると、イメージを短時間で簡単に生成できます。WiRE では、宇宙線を除去し、バンドパラメータの変化を分析し、多変量分析を適用する、のようなプロセスを通してイメージ作成を手引きします。

大きなデータファイルを処理できるレニショーの WiRE ソフトウェアにより、広領域の高画質ラマンイメージを生成できます。これらのイメージには、サンプルの形状が鮮明、明確、かつ詳細に表示されます。

詳細について