ナビゲーションのスキップ

inVia™ InSpect コンフォーカルラマンマイクロスコープ

科学捜査でのトレース解析に最適化された、当社ベストセラーのコンフォーカルラマンマイクロスコープ

ラボにラマン分光を追加することで、既存の技術を補完するさらに強力な機能が得られます。研究グレードの光学顕微鏡を使った非接触そして非破壊の分析により、微細な化学情報を分析できます。

硬い結晶性粉末、セラミック片、ガラスチップなど、他の技術では困難だったり時間を要したりする材料を同定し、簡単な前処理だけやまたは前処理なしで容易に解析できます。

問合せ

inVia Inspect ラマンマイクロスコープ

特徴

inVia InSpect ラマンマイクロスコープのメリット:

  • 高精度の同定 - 密接に関連した化学構造であっても、ラマン顕微鏡によって同定可能
  • 高空間分解能 - 現在お使いの顕微鏡技術と同等以上
  • 幅広い顕微鏡コントラスト技法 - 明視野、暗視野、反射光および透過光の照明による偏光コントラストなど
  • 粒子解析 - 高度な画像認識アルゴリズムと装置制御機能を使用して粒子分布の特性評価を実施
  • 相関イメージング - ラマンデータを、他の顕微鏡技術による画像と組み合わせて合成画像を作成

詳細については、inVia InSpect のパンフレットをダウンロードしてご覧ください。

ダウンロード

媚薬断面のラマンイメージ

Empty Modelling™

Empty Modelling ソフトウェアは、多変量解析を用いて複雑なデータを分解します。ライブラリ検索と併用することで、未知の物質を含んだサンプルから取得したデータを分析できます。

inVia ラマンマイクロスコープの対物レンズ

StreamHR™ マッピング

StreamHR マッピングは、InSpect マイクロスコープの高性能ディテクタと MS30 マイクロスコープステージの動作と連携します。データの収集速度が上がり、イメージ生成の時間が短縮できます。

inVia InSpect ラマンマイクロスコープ

フルオートメーション

アライメント、キャリブレーションそして装置の設定は、WiRE ソフトウェアを介して制御します。例えばサンプルの観察とラマン分析の切替えは、ワンクリックで簡単に行えます。

導入事例

射撃残渣の証拠サンプル収集

射撃残渣

inVia InSpect マイクロスコープは、その発生場所にかかわらず射撃残渣の包括的な分析に最適で、有機物と無機物の残渣の両方の検出や特定が可能です。このノートでは、射撃残渣分析に役立つレニショー技術の特徴とメリットを紹介します。

アプリケーションノートのダウンロード

文書偽造のインク分析

文書の偽造

インクには無数の種類があり、同じ色であっても、化学的には異なる場合があります。inVia ラマンマイクロスコープを使ったラマン分析では、同じように見えるよく似たインクタイプを区別する特異性を利用して、対象領域の非破壊での検査を短時間で行うことができます。

記事を読む

LiveTrack によるフォーカストラック

inVia InSpect は、LiveTrack™ フォーカストラッキングテクノロジーを活用して、凹凸の大きいサンプルからスペクトルや形状を正確にかつ繰返し再現性良く取得します。プレスキャンをしなくても、平坦でない面や、曲面、凹凸面の 3D イメージを作成します。具体例については、動画をご覧ください。

詳細について

お問い合わせをお待ちしております。
フォームに必要事項を記入していただくか、E メールをお送りください。すぐにサポート致します。

問合せ

最新情報

メール配信を登録し、技術革新、お知らせ、アプリケーション、新製品などの最新情報をお受け取りください。

メール配信登録

ダウンロード: inVia InSpect ラマンマイクロスコープ

仕様

パラメータ

波長範囲200nm~2200nm
対応レーザー229nm~1064nm
波数分解能0.3cm-1 (FWHM)
通常必要な最高水準: 1cm-1
安定性<±0.01cm-1繰返し測定後にカーブフィットし、 Si 520cm-1 バンドの中心周波数の変化。波数分解能 1cm-1 以上にて
低波数カットオフ5cm-1通常必要になる最低水準: 100cm-1
高波数カットオフ30,000cm-1標準: 4,000cm-1
空間分解能 (横方向)0.25µm標準: 1µm
空間分解能 (縦方向)<1µm標準: <2µm。対物レンズとレーザーに依存
ディテクタサイズ (標準)1024 ピクセル×256 ピクセル他のサイズもオプションで対応可能
ディテクタの動作時温度-70℃
レイリーフィルタ無制限自動マウントに最大 4 個のフィルタを使用可。ユーザーによる切替えが可能なキネマティックマウントにより、フィルタセットを無制限に追加可能
レーザー数無制限標準は 1 基。4 基を超えるレーザーは光学テーブルに要設置。
Windows PC による制御最新スペックの Windows® PCPC ワークステーション、モニタ、キーボード、トラックボール含む
供給電圧AC110V~AC240V、+10% -15%
供給周波数50Hz または 60Hz
平均消費電力 (分光装置)150W
奥行 (デュアルレーザーシステム)930mmデュアルレーザーのベースプレート
奥行 (トリプルレーザーシステム)1116mmトリプルレーザーのベースプレート
奥行 (コンパクト)610mm最大レーザー数 3 (レーザータイプに依存)
平均質量 (レーザーを除く)90kg