ナビゲーションのスキップ

inVia™ InSpect コンフォーカルラマンマイクロスコープ

inVia InSpect – 科学捜査ラボの理想的な助っ人

科学捜査ラボでのトレース解析用に最適化された、当社ベストセラーのコンフォーカルラマンマイクロスコープです。

硬い結晶性粉末、セラミック片、ガラスチップなど、他の技術では困難だったり時間を要したりする材料を同定し、わずかな準備、または準備いらずで容易に解析できます。

専用ラマンシステムのメリットを体感してください。

inVia InSpect がもたらすメリット:

  • 高空間分解能 - 現在お使いの顕微鏡技術と同等以上
  • 幅広い顕微鏡コントラスト技法 - 明視野、暗視野、反射光および透過光の照明による偏光コントラストなど
  • 高性能ビデオカメラと長焦点対物レンズ - 複合基板上であっても、関心のある地点や領域を特定
  • 高精度電動式ステージ - 微小粒子の解析に必須
  • デュアルレーザー波長 - ボタンをクリックするだけで簡単に波長を切り替え、サンプル上の同一地点を解析
  • オートアラインメント - キャリブレーションチェック機能を内蔵
  • 粒子解析 - 高度な画像認識アルゴリズムと装置制御機能を使用して粒子分布の特性評価を実施
  • 相関イメージング - ラマンデータを、他の顕微鏡技術による画像と組み合わせて合成画像を作成
  • inVia InSpect
  • inVia InSpect door open

科学捜査ラボにラマンが必要である理由

トレース解析ラボではさまざまな顕微鏡技術が使用されていますが、それぞれに長所と短所があります。ラボにラマン分光を追加することにより、既存の技術を補完するさらに強力な機能が得られます。

  • 詳細確認 - 各種光学顕微鏡技術を用いて、ラマン分析をピンポイントで実行可能
  • 証拠にフォーカス - EasyConfocal™ テクノロジーを使用して、対象とその周囲を区別
  • サンプル準備が最小限 - 光学顕微鏡でサンプルにフォーカスを合わせられれば、ラマンスペクトルを収集可能
  • 非常に明確な同定 - 密接に関連した化学構造であっても、ラマン顕微鏡によって同定可能
  • 非接触、非破壊の解析 - サンプルを傷めたり汚したりすることなく、何度も分析可能

ラマンが科学捜査分析にどのように役立ち得るかという点について詳しくは、科学捜査用途のページをご覧ください。

詳細について

当社の国際的なセールスチームがお客様のご質問にお答えし、ご要件に対応いたします。最寄りのレニショーオフィスまでお問い合わせください。

ダウンロード: inVia InSpect