ナビゲーションのスキップ

ラマン分光:高度な宝石分析技術

2018 年 11 月 29 日

1978 年に始まった高度経済成長により、中国には世界中の宝飾品業界の注目が集まるようになりました。ダイヤモンド、ルビー、サファイアなどの宝石類は、何世紀にもわたり社会の中で非常に大きな役割を果たしてきたわけですが、近年は中国の経済成長に伴いこれらの高級品に対する需要が急激に高まっています。現在、中国の宝石業界の年間小売売上高はおよそ 5,000 億元(約 720 億ドル)と推定されています。

宝石の需要増に伴って偽造も増加傾向にあります。最も経験豊かな宝石鑑定士であっても、真贋の判定は時に困難を極めます。宝石鑑定に対する企業と消費者双方でのニーズの高まりを受け、宝石検査研究所では高度な科学機器の導入が徐々に進んでいます。

NGTC は中国の宝石業界のための公的な検査機関で、新たなテスト手法および技術の開発と推進を行っています。NGTC の検査研究所で日常的に利用されている主力機器が、レニショーの inVia コンフォーカルラマンマイクロスコープです。

ダウンロード

レニショーおよびレニショー製品についてのその他のイメージ、ビデオ、企業沿革などについては、メディアハブをご覧ください。