ナビゲーションのスキップ

Primo™ ラジオパーツセッター

Primo™ ラジオパーツセッターとは

Primo ラジオパーツセッターは、自動ワーク芯出しに使用するタッチプローブです。機械加工プログラムの位置決めの基準となる正確なワークの位置を算出します。

Primo ラジオパーツセッターには下記のようなメリットがあります。

  • 手作業に比べて、ワーク芯出しの所要時間を最大 90% 短縮
  • ワークオフセットを自動的に更新
  • 手作業で発生していた誤差やワーク芯出しでのばらつきを排除
  • 素材のスクラップおよび再加工を低減
  • 治具コストを低減

上記のようなメリットは、経費節約や工作機械のパーツ加工時間の増加につながります。

Primo ラジオパーツセッターの仕組み

パーツセッターは、工作機械の主軸に装着し、計測サイクル実行時には、機械コントローラの制御に従って移動します。パーツセッターのスタイラスがワークに接触すると、正確なトリガー信号が出力されます。出力された信号は、無線信号伝達方式を介して機械コントローラに送信され、ワークの位置が記録されます。

特長とメリット:

  • 1µm (2σ値) の繰り返し精度で、常に同じワーク芯出し結果を返します。
  • 堅牢で、過酷な工作機械の環境下でも信頼性があります。
  • 安定した周波数ホッピングスペクトラム拡散 (FHSS) 方式を採用しているため、安定した通信を誇ります。