ナビゲーションのスキップ

遺産

小史

レニショーは、1973 年に現在の会長兼最高経営責任者、デイヴィッド・マクマートリー(現在サーの称号を取得)と副会長、ジョン・ディアーによって設立されました。レニショーの最初の製品であるタッチトリガープローブは、デイヴィッド・マクマートリーにより、超音速のコンコルド旅客機に使用されていたオリンパスエンジンの特定検査要求を適えるために発明されたものです。この革新的な製品によって、三次元測定の革命が起こり、機械加工された製品と完成アセンブリの正確な測定ができるようになりました。

レニショーでは、その歴史を通じて研究開発に多大な努力を行っており、通常年間売上の約 14~18% を研究開発とエンジニアリング活動に投資しています。弊社ではこれを基に、工具計測操作やインプロセスパーツ計測に使用する CNC 工作機械用のセンサー、正確なモーションコントロール用の位置決めエンコーダ、工作機械のパフォーマンス評価用のレーザー干渉計、歯科用のクラウンやブリッジの製造システム、物質のスペクトル分析用ラマンマイクロスコープ、ゲージングテクノロジー、積層造形技術とラピッドプロトタイピング、レーザー計測と調査システム、脳神経外科アプリケーション製品をはじめとする医療装置など、様々な製品を開発しています。

レニショーは、グロスタシャー州にあるかつて羊毛布製造に使用されていた 19 世紀の建物に本社を置いていますが、研究開発および製造活動を、主に本社のあるグロスタシャー州をはじめとした英国内で実施しています。さらに、アイルランドのダブリンとインドのプーナにも組み立て設備を置いています。2011 年には、南ウェールズのカーディフ近郊ミスキンにある旧ボッシュ社の製造設備を取得し、2012 年 5 月から製造活動を開始しました。

弊社では世界的な活動を行っており、35 カ国の 70 拠点に支社を構えているほか、英国以外の国の売上が約 95% を占めています。レニショーでは、1973 年の創立以来、技術、輸出、エンタープライズ(革新)への貢献が認められてクイーンズ賞を 18 回受賞したほか、様々な賞を受賞しています。