ナビゲーションのスキップ

工作機械用プローブ製品の 10 のメリット

生産量の増大

生産能力の拡張

コスト削減

ビジネスの成長が、人件費上昇や熟練者不足によって制限される必要はありません。レニショー工作機械用プローブは、工作機械の計測工程を自動化することで、多数のメリットを提供します。

スクラップを低減

スクラップを低減

プローブを使用せず、手作業で工作機械での計測を行った場合、スクラップ発生率が 20% 以上になることがあります。

熟練者不足に対応

スキルギャップ(熟練者/人材不足)に対応

熟練者不足による生産能力の限界を克服します。

コストの低減

コストの低減

工作機械 1 台あたりに必要な熟練者数を削減するため、人件費上昇という点で特に効果的です。

芯出し時間の短縮

芯出し時間の短縮

プローブ計測に基づく自動芯出しにより、手動よりも 10 倍速く段取りを実施でき、切削加工に充てる時間を拡大できます。

機械稼働率の向上

稼働率の向上

自動工程内での計測により、オペレータの作業の間、機械を止める必要がありません。

予測の向上

予測の向上

計測の所要時間が予測でき、それに従って加工計画が立てられます。

生産リードタイムの短縮

製造時間の短縮

金属切削作業の段取りが、高速化、自動化し、何度行っても同じ結果を取得できるようになります。

収入と利益の確保

収入と利益の確保

製品が汎用品化し、値下げ競争に陥ることを防ぎます。

バリューチェーンの高マージン化

バリューチェーン(価値連鎖)の高マージン化

新規の市場や各種製品カテゴリの高価値契約に入札できるようになります。

対応力の高速化

アジリティ(敏捷性)の向上

工程の変更により素早く対応、適応できるようになります。