ナビゲーションのスキップ

XM-60 マルチアクシスキャリブレータ

XM-60 は、どのような方向でも 1 回のセットアップで 6 自由度を測定することができます。

ユニークなテクノロジー、光学式ロール測定、光ファイバー送出機構。

XM-60 は 1 回のセットアップで位置決め軸に沿った 6 自由度の誤差を同時に測定できるレーザー計測システムです。1 回のキャプチャから軸のすべての幾何学的誤差を測定する強力な診断ツールを提供します。

XM-60 は空間補正ユーザーに対して迅速かつ正確なデータを提供します。  すべての測定は光学方式を使用するため、どのような方向でも設置して使用することができます。

ビームを出射する機械上の XM-60

主な特長とメリット

  • 迅速性 - 従来までと同様のレーザー測定技術を使用して、1 回で同時に位置決め、ピッチ、ヨー、ロール、水平/垂直方向の真直度を測定できます。
  • シンプル –他の干渉計システムと同じように簡単にセットアップを行うことができます。自動符号検出とグラフィックを用いたアライメント調整により人為的なミスを低減します。
  • 高い信頼性 - あらゆる誤差を直接測定できるため、テストの実施中に結果を確認できます。
  • 高能力 - 独自の光学式ロール測定システムによりどのような向きでもロールの測定ができます。
XM-60 のニュース

概要

コンパクトなラウンチユニットはレーザーユニットと隔離されているため、測定ポイントに熱の影響がおよびません。側面、上下逆さま、背面であっても機械に直接取り付けることができるため、機械へのアクセスが困難な場所で特に有効です。

レシーバーはワイヤレスで、充電式バッテリーで動作するため、機械の移動中にケーブルが引っ張られて精度が落ちたり、測定中のレーザービームが遮断されたりすることがありません。

XM-60 に付属するソフトウェア CARTO に従って、計測工程を行います。CARTO には、Capture および Explore アプリケーションが統合されており、XM-60 のデータ取得と解析を行うことができます。


「ターゲットベース」および「フリーラン」モード

XM-60 システムは、ユーザーの用途に合わせて非常に柔軟に使用できるように設計されています。例えば、「ターゲットベースモード」は、機械誤差を補正して、国際規格に準拠した性能レポートを作成するために特別に開発されています。

一方、CARTO 2.1 から搭載された「フリーランモード」を使用すると、位置やターゲット数を定義しなくても、直ちにデータ取得を行うことができます。このソフトウェアは、位置決めに対する真直度(水平および垂直)、ピッチ、ヨー、ロール偏差を表示します。

可能なトリガー方法:

  • 手動(キー操作)
  • 自動(位置の安定性ベース)
  • 連続(定義された間隔で移動中に取得)

トレーサブルな精度

各 XM-60 マルチアクシスキャリブレータの性能は、国際標準に対してトレーサブルで、すべてのユニットに校正証明書を付けてお届けします。このことは、システムが現場で常にその仕様精度を持ち込むことができるという信頼性を提供します。

レニショーによるエンジニアリング

レニショーのレーザー計測システムは、高性能と高い操作性を提供できるように製作されています。アルミニウムの下部構造は軽量ながら頑丈で、機械に簡単に取り付けられるようにできるだけ小型化した設計になっています。  またこのレーザー計測システムは、10 年以上にわたって製造され、要求の厳しい半導体産業で利用されている RLE20 レーザーエンコーダシステムと同じテクノロジーを用いています。

フレキシビリティ

XM-60 のラウンチユニットは、優れたスイッチにより脱着可能なマウントにより機械に簡単に取り付けることができます。これに 90°ブラケットを使用することで垂直方向にアライメント調整を行うことができます。様々なの取り付け要件に対応できるよう、オプションのフィクスチャキットもご用意しています。

Image gallery

製品情報