ナビゲーションのスキップ

機械のキャリブレーションおよび最適化ニュース

レニショーのキャリブレーションの最新製品ニュース、ケーススタディ、および技術に関する記事を参考に、製造業界では機械性能を制御し、大幅なコスト削減を実現できます。

最新の記事

  • 航空機製造をアシストするボールバー診断

    An XI Squadron Typhoon at sunrise in Akrotiri, Cyprus © BAE Systems 定期点検や定期メンテナンスを怠ると、CNC 工作機械は時間の経過とともに位置決め精度を低下していき、誤差が発生するようになります。品質と生産性の最適化に必要な工作機械診断データを取得するワイヤレスボールバーシステムは、複雑で高価値な航空機部品加工を手がける BAE Systems 社からの信頼を勝ち取っています。

  • レニショーの技術が Breton SpA 社の機械のキャリブレーションや生産品の品質管理をアシスト

    Breton's XCEEDER blisk test 石材加工機械製造をコアビジネスとする Breton SpA 社は、工作機械製造への進出をはかった際、より高いレベルでの精密さを求められたことから、レーザー干渉計や回転軸割り出し角度測定装置、ボールバー、タッチトリガー式プローブといったレニショー製品を 30 近く導入しました。この導入により、各種 Breton SpA 社製高速 5 軸 CNC マシニングセンターは世界有数の高性能機械として活躍するまでに至りました。

  • XM-60 の機能を拡張するソフトウェア CARTO 2.1 の新機能「フリーランモード」

    Capture 2.1 - during test in 'free-run mode' 2016 年 9 月のレニショーマルチアクシスキャリブレータ XM-60 の発売に続いて、新バージョン CARTO 2.1 をリリースし、便利な新機能を提供します。CARTO 2.1 に新規実装された「フリーランモード」を使用すると、位置やターゲット数を定義しなくても、XM-60 で直ちにデータ取得を行えます。

  • レニショーが新しい XM-60 マルチアクシスキャリブレータを発表

    XM-60 multi-axis calibrator on a machine XM-60 はどのような方向の位置決め軸でも、1 回のセットアップで全 6 自由度を計測することができます。これにより従来のレーザー計測技術に比べて計測を大幅に簡素化して、手間を省くことができます。

  • QC20-W ボールバーの時間ベースのデータ取得機能を拡張する新ソフトウェア

    Ballbar Trace software レニショーは EMO 2015 展にて、Ballbar Trace をお披露目します。これは CNC 工作機械の位置決め性能検証に使用されるレニショー QC20-W ボールバー向けの、新しい時間ベースのデータ取得ソフトウェアパッケージです。既存の QC20-W ユーザーには無料で提供されるこの新ソフトウェアは、静的モニタリングや ISO 10791-6 に準拠したデータ取得など、多くの用途に活用できます。

すべての記事