ナビゲーションのスキップ

XR20-W 回転軸割り出し角度測定装置

回転軸の位置決めは、機械精度全般にとって極めて重要です。

XR20-W を使ったキャリブレーションなら、±1arc 秒の精度を確保できます。

XR20-W 回転軸割り出し角度測定装置は、XL-80 または XM-60 と使用します。高精度サーボ制御軸に取り付けた、角度反射鏡を内蔵します。この軸の角度位置は、メインベアリングに直接刻み付けたスケールを基準とする、超高精度のエンコーダシステムによって制御されます。また、ボディのハウジングを基準にした光学部品の角度位置も、同様に制御されます。

「XR20-W の特徴 (コンパクトサイズと低重量のためにセットアップがしやすいこと、ワイヤレス操作、ユーザーフレンドリなソフトウェア) のおかげで、テストのセットアップ時間を 40% そしてテスト時間を 20% 短縮できました。

さらに、ワイヤレス通信のおかげで、テストをより安全に行えるようになり、監視も問題なく行えるようになりました。その結果、現場作業を邪魔することがなくなり、作業と品質管理という点で大きな利点となっています」

Hurco 社 (台湾)

特長とメリット

  • 高い対応力と軽量さ: さまざまなロータリテーブルや旋盤といった回転軸に片手で簡単に取付け可能
  • 高精度: ±1arc 秒 (XL-80 使用時)、±1.2arc 秒 (XM-60 使用時)(詳細については、下の誤差と不確かさの計算を参照してください)
  • 高速テスト: 短時間でセットアップとデータ取得が可能
  • ワイヤレス操作: 充電式バッテリと Bluetooth® 通信を実装
  • アライメントターゲット内蔵: セットアップ中の測定誤差を最小限に抑制
  • 自動キャリブレーション: 測定前のキャリブレーションにより、角度アライメント誤差を補正
  • テスト前サイクル: 自動方向調整と送り速度検出
  • 送り速度: 最高速度 10rev/min

使いやすい取付け方式

回転軸への XR20-W の取付けは、適切な各種マウントを使うことで簡単に行えます。

標準の取付け

通常、軸中心への取付けは簡単に行えます。取付けリングとセンタリングエイドの周囲に刻まれたマークを使います。

その他の取付け

標準取付けと同様、取付けリングアダプタを使用することで、XR20-W を中心がくぼんでいるロータリテーブルにも取り付けられます。チャック (旋盤) アダプタやカスタムマウントに XR20-W を固定する際にも使用します。

ソフトウェア

CARTO は、XL-80 や XM-60 を使用した回転軸測定に使用するソフトウェアです。3 種類のアプリケーションから構成されます。

  • Capture: データの収集とパートプログラムの生成を行います。
  • Explore: 解析と国際規格に準拠したレポートの作成を行います。
  • Compensate: 位置決め精度を向上するための、補正ファイルを生成します。 

XR20-W を回転軸に装着できない 5 軸機のキャリブレーションには、オフアクシスロータリソフトウェア*が最適です。テスト中、レーザービームのアライメントを維持できるよう、回転軸と直線軸を同期して動作させるパートプログラムを生成するソフトウェアです。

*対応ソフトウェアは RotaryXL および LaserXL のみ
XR20-W 回転軸割り出し角度測定装置の取付け

イメージギャラリ