ナビゲーションのスキップ

XC-80 環境補正ユニットとセンサー

高精度レーザー測定のための自動環境補正

XC-80 で環境範囲全域でのレーザー測定精度を確保

XC-80 環境補正ユニット

XC-80 環境補正ユニットは、XL-80 レーザーシステムXM-60/XM-600 マルチアクシスキャリブレータを使った直線軸測定の精度を左右する重要な機器です。温度、気圧、相対湿度が変化すると、レーザービームの波長と測定値に影響が出ます。

XC-80 環境補正ユニットは、測定値を根本で処理するインテリジェントセンサーを搭載しており、気温、気圧、および相対湿度を極めて高い精度で測定します。センサーからの読取り値を基にレーザー波長の公称値を真の値に補正するため、これらの条件の変化から発生する測定誤差をほぼ排除します。

精度を維持するには効果的な波長補正が不可欠です。

環境補正の重要性については、干渉法についてのページをご覧ください。

特長とメリット

  • 均一な補正: XC-80 とそのセンサーには、動作環境条件の全範囲において均一でかつ極めて正確な測定結果を確保できる設計が施されています。
  • センサーの高頻度更新: 更新頻度は数秒に 1 回で、自動です。また、XC-80 本体にある LED でその状態を確認できます。
  • USB 内蔵: USB 接続ポート内蔵で、PC 用インターフェースや電源の別用意は不要です (USB から XC-80 とセンサーに電源が供給されます)。
  • 軽量: XC-80 の重量は 490g で XL-80 と合わせても 3kg を少し超える程度です (接続ケーブル、XL 用電源およびセンサー込み)。
  • インテリジェントな気温センサーと物体温度センサー: 内蔵のマイクロプロセッサがセンサーの出力を解析、処理してから、XC-80 環境補正ユニットにデジタル温度値を送信します。そのため、測定が安定します。また、このことが、XC-80 が小型であることや、精度に影響を与えずにセンサー交換が可能であることの理由でもあります。
  • XC-80 環境補正ユニットには最大 3 個の物体温度センサーを取り付けられるため、位置決め測定を標準物体温度の 20℃に標準化できます。
  • 汎用性に優れたセンサーケーブル: 標準の 5m センサーケーブルは着脱可能で簡単に交換できます。また、大型の機械ではケーブル同士をねじでつなげて延長できます。
レニショーのレーザーシステムを使用して角度測定と真直度測定を行う場合は、ごく僅かなビームパス同士の差分から測定値を算出するため、環境要因の影響を受けません。そのため、環境補正は不要です。割り出し角度、平面度、直角度測定にもこれらの測定方法が使用されるため環境補正は必要ありません。

製品情報