ナビゲーションのスキップ

キャリブレーションする理由

機械や三次元測定機、モーションシステムの誤差を把握して、必要に応じてその誤差を補正することが、機器の有効活用の鍵です。

機械稼働率を向上

どのような工作機械やモーションシステムでも、ワークの加工やパーツの測定を始める前に、機械が作業に適した状態であることを確認する必要があります。機械の位置決め性能についてのそれぞれの特徴が、時間の経過に伴ってどのように変化するかを、詳細に把握することが大切です。把握することで、機械のメンテナンス時期を予測したり、不測事態への対応策を事前に計画したりできます。

機械性能を向上

加工前とその後に続く検査前に、レニショーの性能測定装置を使って工作機械の性能を判断することで、CNC 工作機械の管理を効果的に行えるようになります。さらに、目標を絞ったメンテナンスと偏差補正により機械性能を向上することも可能です。

機械/製造能力に関する知識を深める

作業ごとに、最適な機械を使用することが重要です。一定の公差がある作業を、その公差を満たせる機械に割り当てることで、機械が求める目的にフィットし、スクラップの発生率を抑えられます。

目的を絞ったメンテナンスを実現

レニショーの性能測定装置を使用することで、問題の原因とメンテナンスの要否を明確に把握できます。問題を特定し、ダウンタイムを最小限に抑えるための情報を取得できます。

メンテナンスのスケジュール化

定期的なテストと古いテストデータとの比較により、問題が深刻になる前に問題の可能性を特定し、メンテナンスを計画できるため、業務の中断を抑制できます。

機械性能を証明

顧客に機械加工の品質を証明するうえで、機械の校正と定期性能評価結果がその証明としての役割を果たします。同様な試験を実施していない他のメーカーに比べて、有利になります。

品質保証手順と規格に準拠

ISO 9000 シリーズの品質規格は、認定されたトレーサブルなシステムと手法を使用した製造・検査装置の校正、モニタ、管理を規定しています。

専門的なメンテナンスサービス

精度を維持するには、高品質のアフターセールスサービスが不可欠です。機械を製造時の仕様に戻すための最適な手段は、OEM 工場で使用されるものと同じ測定ツールを現場でも使用することです。