ナビゲーションのスキップ

Primo™ インターフェースとは

Primo™ インターフェースは、Primo システムと工作機械のコントローラの間の通信を行います。また、Primo システムのクレジット情報を保存します。フロントパネル上に、クレジットの残り日数およびシステムのステータス情報を表示します。

Primo インターフェースの仕組み

パーツセッターまたは工具計測システムがトリガーすると、無線信号がインターフェースを介して CNC コントローラに送信されます。機械の位置情報が記録され、その位置情報を基にワークの位置や計測した工具の寸法が算出されます。

Primo システムには、レニショー特許済み技術の周波数ホッピングスペクトラム拡散 (FHSS) 方式が採用されています。FHSS 方式は、ほとんどの工作機械環境に存在する他の無線周波数や電気ノイズ源からの干渉を遮断します。