ナビゲーションのスキップ

プローブとは

プローブとは

プローブ計測には従来的に、三次元測定機での寸法計測 (精密測定) に用いる、タッチプローブが関わっています。

最初のタッチプローブが、コンコルドに採用されていた Rolls-Royce 社製エンジン「Olympus (オリンパス)」の QA に関する複雑な形状問題を解決する際に初めて使用されました。

プローブとは実際のところ、ワークの表面に接触したときにトリガー出力を行うよう設計された精巧なスイッチであり、精確かつ高精度の幾何形状データを生成します。このデータを製造工程全体で取得して活用することが、規格に沿ったワークの確保に貢献します。

 

精確さ: 基準からのずれがごくわずかである、または許容内であること

精度 (繰り返し精度): 性能、実行または量において厳密であること。または、高精度、正確であること。

 

プローブ技術の詳細については、参考資料 または(TE411) Innovations in touch trigger probe sensor technology を参照してください。