ナビゲーションのスキップ

Virsa™ ファイバーラマン装置

レニショー最新の高性能ラマン分光システム、Virsa ファイバーラマン装置。ラボにあるマイクロスコープという制約から離れ、新たなサンプルの分光分析や環境での分光分析を実現します。

Virsa ファイバーラマン装置

どこでも必要な場所に、ラボラトリグレードのラマンパフォーマンスを

当社は、光学設計技術や光学検出器技術における独自の専門知識を生かし、Virsa ファイバーラマン装置を開発しました。ラボラトリグレードのラマンパフォーマンスに、ポータブルさを組み合わせた装置です。 

特長とメリット:

  • ファイバープローブによるフレキシブルなリモートサンプリング。標準ケーブル長は 5m(他の長さもオプションで対応可能)。

  • デュアルレーザー波長機能による蛍光の回避。532nm と 785nm を別々で使用することも、プローブを重ねて対物レンズを共用することも可能。 
  • オプションの高分解能プローブで顕微ラマン分析を高速化。 

  • オプションのエンコーダ搭載 3 軸電動プローブマウントとビデオプローブで、観察対象を正確に検出、焦点合わせ。

  • 当社の高機能ソフトウェア WiRETM (Windows-based Raman Environment) で制御し、ラマンデータの取得や専用データ処理および分析が可能。

本システムは、作業台の上や業界標準の 19 インチラックに省スペースで設置可能です。ラマン分光を、従来のラボベースのシステムから広げたいと考えていた研究者にとって、理想的なシステムになっています。 

ラマンの可能性を広げる

Virsa ファイバーラマン装置は汎用性を考慮して設計されています。多種多様な機能からニーズに合わせて選定してください。

項目

標準

オプション

励起レーザー波長:532nm および/または 785nm✓(波長のいずれかまたは両方を選択) 
Virsa ファイバープローブ:
  • VRP10: 標準的なバルクサンプリング用
  • VRP20C: 高空間分解能の共焦点測定用
✓(どちらか一方のプローブが標準で付属) 
5m の光ファイバーケーブル他の長さも対応可能
対物レンズ✓(レンズ 1 個付属)レンズの追加可能
WiRE インストール済みのノート PC 
ラマン関連のサポート:オンライントレーニングモジュール 
ラマン関連のサポート:インストール、トレーニング、サポート 
保守契約 
イマージョンプローブ 
ビデオビューア(レンズを介してサンプルを直接観察) 
コンピュータ制御の 3 軸プローブ位置決め装置 SB100 
プローブの対物レンズ切替え機構(複数の対物レンズを容易に切替え可能) 
未知の物質特定用スペクトルデータベース 
高機能データ解析モジュール 
Virsa プローブとサンプル
絵画をサンプリングする Virsa ファイバーラマン装置

仕様の詳細については、詳細情報をダウンロードしてください。