ナビゲーションのスキップ

ISO 10791-6 への QC20-W の使用

ISO 10791-6 とは

ISO 10791–6 は、4 軸機および 5 軸 (直線 3 軸と回転軸 1 軸また 2 軸) の運動学的精度の検証を目的にした規格です。直交軸 3 軸と回転軸 1 軸または 2 軸を同時に動かして、直線パスと円形パスの作成精度を検証します。他の規格と同様に、機械を補正するための補正データを取得するのではなく、性能指標を取得します。

詳細については、ISO 10791-6 と下記のアプリケーションノートを参照してください

試験に必要な機器

QC20-W ボールバー

ISO - QC20-W アイコン

ISO 10791-6 に定義されたほとんどの試験は、QC20-W ボールバーを使用して行えます。工作機械は、複数軸の移動中に、工具の先端とワークの間隔を一定に維持しようとします。ボールバーは、多軸の工具パスに従いながら工具先端とワークの間隔の偏差を測定することで、輪郭作成性能を測定します。

ソフトウェア Ballbar Trace

ISO - Ballbar Trace アイコン

ISO 10791-6 では、偏差の最大値と最小値をレポートする必要があり、そのレポートは Ballbar Trace でデータを取得することで簡単に生成できます。

Ballbar Trace を使用して取得したデータは、XCal-View 2.3 以降を使用して解析を行い、ISO 10791-6 形式のレポートを作成できます。

ボールバースピンドルセンタリングデバイス

ISO - ボールバー主軸センタリングデバイス

ISO 10791-6 に準拠した試験を実施するには、試験の前にボールバーのツールカップを主軸に対して中心に配置することが重要です。ISO 10791-6 では、中心性に関する値が指定されていませんが、試験のセットアップ上の誤差をなくすためにはツールカップを主軸中心線に配置する必要があります。 

ボールバースピンドルセンタリングデバイスを使うことで、ツールカップを主軸の中心線に配置しやすくなります。

OMP40 および OMP60 シャンク

ISO - OMP40 シャンクアイコン

ボールバースピンドルセンタリングデバイスは、OMP40 テーパーシャンクかパラレルシャンクに使用します。または、OMP60 テーパーシャンクを OMP40 シャンクアダプタと組み合わせて使用することで、ツールカップの先端を主軸中心線に配置できます。

シャンクとアダプタの詳細については、下記のデータシートを参照してください。


データ解析ソフトウェア XCal-View

ISO - XCal-View アイコンXCal-View のバージョン 2.3 以降では、Ballbar Trace で取得したデータを短時間で解析できます。また、ISO 10791-6 などの機械性能確認用国際規格形式で、結果を出力できます。

パートプログラム

ISO 10791-6 準拠の試験を実施するには、専用のパートプログラムを作成する必要があります。現行の Ballbar Trace ではパートプログラムを作成できません。マクロベースのプログラムを以下からダウンロードし、機械に合わせて変更してください。

製品関連文書

ダウンロード