ナビゲーションのスキップ

製品のアップグレード

検査プロセスを刷新。  現状のプローブ測定システムをアップグレードすることで、短時間でコストを削減可能です。

手動三次元測定機でのアップグレード 

レニショーソフトウェア MODUS 2 の最新版には、手動三次元測定機用の機能が搭載されています。各種レニショー製三次元測定機用タッチトリガープローブに対応した、シンプルなツールとサポートで優れた測定機能を活用できます。

機械操作の時間短縮と簡易化

手動用アップグレードキットやソフトウェア機能を活用することで、機械操作を最適化し、現状の三次元測定機を高速測定機に転換できます。

MODUS 2 はタッチスクリーン対応です。三次元測定機の一時停止とソフトウェア操作を同時に行う必要がある場合に、マウス操作と比べて便利です。

さらに 3 ペダルフットスイッチを使用することで、使用頻度の高い多くの機能を、ハンズフリーで実行できます。

マニュアルヘッドのアップグレードオプション

既存のレニショープローブシステムを下取りとして返却いただければ、アップグレード製品を特別価格で提供いたします。

当社が提供している特別価格を利用して、MH8、MIP、PH6 ヘッドを、モジュール交換機能を搭載した MH20 または MH20i にアップグレードしてはいかがでしょうか。

MH20i へのアップグレード

PH6、MIP、MH8 の MH20i マニュアル位置決め式ヘッドへのアップグレードはいかがでしょうか。

MH20i へのアップグレードのメリット

MH20i は、検査処理量を拡大し、検査時間を短縮します。下取り対象である PH6、MIP、MH8 プローブヘッドよりも、複雑な測定を行えます。

MH20i には、高い繰り返し精度での交換が可能な、磁気脱着式の TP20 プローブモジュールを採用しています。モジュールにはさまざまな種類があるため、用途に応じて最適なスタイラスを選択できます。また、数秒でスタイラスの交換が可能で、交換後にはプローブのキャリブレーションが必要ありません。

これら機能の向上に加え、レバー 1 本で、回転軸 2 軸を高い繰り返し精度で位置決めできます。A 軸は、XY 平面で±180°の範囲で 15°間隔でロックできます。B 軸は、Z 平面で 90°の範囲で 15°間隔で位置決めできます。

MH20i

MH20 へのアップグレード

PH1 または PH6 の MH20 へのアップグレードはいかがでしょうか。

MH20 へのアップグレードのメリット

MH20 は、検査処理量を拡大し、検査時間を短縮します。下取り対象である PH1 および PH6 プローブヘッドよりも、複雑な測定を行えます。

MH20 には、高い繰り返し精度での交換が可能な、磁気脱着式の TP20 プローブモジュールを採用しています。モジュールにはさまざまな種類があるため、用途に応じて最適なスタイラスを選択できます。また、数秒でスタイラスの交換が可能で、交換後にはプローブのキャリブレーションが必要ありません。

これら機能の向上に加え、サムホイール 1 個で、回転軸 2 軸を、無段階で角度位置決めできます。A 軸の回転範囲は、XY 平面で±300°です。B 軸の回転範囲は、Z 平面で±93°です。

MH20

TP20 プローブによるスタイラスの交換

TP20 は独自の三点支持式スタイラスモジュールを採用しており、手動でもプログラム制御でも、数秒でスタイラスを交換できます。交換したスタイラスは、すぐに使用できます。

アップグレードキットには、下記のオプションから選定した、1 個または 2 個のモジュールが付属します。

  • 低圧力
  • 標準圧力
  • 中圧力
  • 高圧力
  • 6 方向 - 販売終了した TP2 6 方向プローブに代わるものです
  • 88mm のエクステンション
  • 113mm のエクステンション

TP20 は、TP2 と同じ寸法で、既存の TP2 の検査プログラムに使用できるため、アップグレード後すぐに使用できます。

手動/CNC の三次元測定機に適したチェンジラックも用意しています。なお、アップグレードキットには含まれません。

PH10/TP20- 6w

マニュアルヘッドのアップグレード手順

ケーブルを外し、古いヘッドを主軸から外します。

  1. 新しいヘッドを主軸に取り付け、固定します。
  2. ケーブルを接続します。
  3. 新しいヘッドとプローブをキャリブレーションします。

以上で完了です。新しいヘッドの使用準備完了です。

TP20 へのアップグレード

TP2 か TP6 の TP20 スタイラス交換プローブへのアップグレードはいかがでしょうか。

TP20 へのアップグレードのメリット

TP20 では、測定の準備に要する時間を短縮できるため、ワークを早く測定できるようになります。

TP20 は独自の三点支持式スタイラスモジュールを採用しており、手動でもプログラム制御でも、数秒でスタイラスを交換できます。交換したスタイラスは、すぐに使用できます。

アップグレードキットには 3 個のモジュールが付属します。必要に応じてお選びください。 

  • 低圧力
  • 標準圧力
  • 中圧力
  • 高圧力
  • 6 方向 - 販売終了した TP2 6 方向プローブに代わるものです 
  • 88mm のエクステンション
  • 113mm のエクステンション

TP20 は、TP2 と同じ寸法で、既存の TP2 の検査プログラムに使用できるため、アップグレード後すぐに使用できます。

手動/CNC の三次元測定機に適したチェンジラックも用意しています。なお、アップグレードキットには含まれません。

PH10T/TP20/EM2

TP20 のアップグレード手順

プローブヘッドから古いプローブを外します。通常は M8 ねじ取付けになっています。

  1. TP20 をねじ込み、固定します。プローブをキャリブレーションして、測定準備完了です。

スタイラスモジュール格納用に、チェンジラックを取り付ける場合も、簡単なアライメント調整を実施するだけで取り付けられます。

ご用命は

当社にご連絡いただければ、用途に最適な見積りを作成いたします。

UCC のレトロフィット

レニショーは、業界をリードするソフトウェア会社やレトロフィット会社と、テクニカルパートナシップを結び、UCC コントローラを使用した三次元測定機レトロフィットソリューションを提供しています。