ナビゲーションのスキップ

レニショー RA816 生物学用分析装置

新しい RA816 生物学用分析装置

レニショー RA816 生物学用分析装置は、生物学・臨床研究向けに設計されたコンパクトな卓上ラマンイメージングシステムです。
イメージングや分子医学による診断技術は感度が高く、病気の発現や進行および病理学に関する固有情報が得られます。しかしながら、これらの技術は造影剤(染料やラベル)や分子タグが必要になり、時間(処理および評価技術)と費用がかかる場合があります。

RA816 生物学用分析装置を使用すると、病気の発現と進行に伴う生化学的変化を特定・評価できます。これにはサンプルの前処理がほとんどあるいはまったく必要なく、造影剤やタグも不要です。

このシステムは生物関連のサンプルの分析に最適な実用的ソリューションです。

  • 使いやすいハードウェアとソフトウェア:
  • 染料やラベルが不要
  • サンプルの前処理がほとんどあるいはまったく不要
  • 総合的な生化学情報を取得(特定の分子ターゲットに関する事前知識が不要)

このシステムは生物研究および臨床研究専用に開発されています。

  • コンパクトで運搬が可能
  • 最適化された顕微技術: 
    •  オートフォーカス(LiveTrack™ フォーカストラッキングテクノロジー) 
    • 低倍率でも高倍率でも簡単にサンプル観察が可能
  • 専用疾病分類モデルの構築と試験
  • 組織専用アクセサリーおよび基材
  • 装置間で疾病モデルを移管できるように設計

動画の視聴

イメージギャラリー

詳細情報のダウンロード

詳細について

生物学用分析装置の最新ニュース

組織の分析に向けたマンチェスター大学の科学者とレニショーの協力

レニショーはマンチェスター大学の科学者と協力して、皮膚組織の分析におけるラマン分光の有効性を実証しました。

学会にて革新的なラマン研究の成果を発表

オックスフォードラドクリフ病院の科学者と協力して、病理学的に異なる前処理を使用した、遺伝子亜類型での神経膠腫の分類におけるラマン分光の有効性を研究したレニショーは、英国 Cancer Research UK の脳腫瘍学会において、ラマン分光に関する革新的な研究成果を発表します。