ナビゲーションのスキップ

精密機械加工における工作機械用プローブの重要性

世界中の製造工場において、精密加工に課せられる要求精度が益々厳しくなっています。

厳格な公差が課せられた生産では、製造工程全体からばらつきを取り除き、すべてのパーツができる限り同一となるように取り組む必要があります。

工作機械用プローブは、加工工程の各段階で、不要なばらつきの排除に貢献します。

加工前(新サイト)

切削前: パーツの場所、工具のサイズ、機械のオフセットなどの偏差の原因を分析し、公差外のパーツの発生を防止します。

切削加工中(新サイト)

切削中: 工具の摩耗や温度変化など、加工作業自体から発生するばらつき要因に対処し、加工を進行させながらインテリジェントなフィードバックを工程に返します。

加工後(新サイト)

切削後: 工程と完成品を、仕様と照らし合わせて確認します。

工作機械用プローブは、先進産業におけるメーカーが、極限まで高度な仕様を満たす部品や製品を納入できるようになるための、中核的な役割を担います。プローブが精密加工の基礎となります。

他にも、プローブ計測には多数のメリットがあります。その多くは、生産規模に関わらず、さまざまなメーカーが直面している個別の問題解決に役立ちます。

詳細については、「自動計測」をご覧ください。