ナビゲーションのスキップ

SurfitBlade™

計算流体力学や有限要素解析など下流のプロセスに使用するブレード表面形状を作成するための、エンジニア向けオフラインアプリケーションです

SurfitBlade - 航空機のブレードのデータフィッティング

APEXBlade の下流プロセス用アドオンアプリケーションとして、SurfitBlade は、APEXBlade で作成された DMIS プログラムの実行時プローブ先端の中心測定データを使用して、表面データを提示します。これにより SurfitBlade で、真の形状分析が可能になり、より的確に製造能力を把握できるようになります。

SurfitBlade アイコン

SurfitBlade では、完成品のブレードの正確なリバースエンジニアリングを行い、設計および製造プロセスにおいて画期的なフィードバックを取得できます。APEXBlade の補完的アプリケーションで、APEXBlade で生成された DMIS プログラムを MODUS で実行後、スイープスキャンによる先端の中心データから表面を完全に再現します。真の形状分析が可能で、より的確に製造能力を把握できるようになります。

SurfitBlade では、ブレード再現プロセスの段階ごとにガイドを表示します。

スイープスキャンのインポート

  • SurfitBlade にスキャンデータをロード MODUS.out または Geometric Modelling Library (.GML) ファイルからスイープスキャンデータをインポート
  • スイープスキャンのスタイラス球半径を設定
  • 不要なスキャンデータを削除

表面パッチの作成

  • SurfitBlade パッチの作成 各スイープスキャンの NURBS 曲線「パッチ」を作成
  • エラープロットを表示し、パッチの水準を評価
  • 作成条件を調整して、パッチを改善

断面の作成

  • SurfitBlade のポイントセクションの作成 表面パッチから断面を定義
  • ブレード両端の一番上と一番下の断面を定義して断面を調整

オフセットセクションの作成

  • スタイラス球半径により先端の中心からのオフセットを設定し、各面の「オンサーフェス」ポイントセクションを作成

断面曲線の作成

  • SurfitBlade の断面曲線の作成 プロファイルの真の形状を取得するために、動的制御ポイント密度を用いて各ポイントセクションで NURBS 曲線を補間
  • エラープロットを表示し、補間の水準を評価
  • 作成条件を調整して、曲線を改善

最終の面の作成

  • SurfitBlade の面の生成 断面曲線を描画して NURBS 面を作成
  • エラープロットを表示し、最終の面水準を評価
  • 作成条件を調整または、前の手順を繰り返して面を改善

自動再現

ブレードの作成が完了すると、同様のブレードにこの条件を適用できます。SurfitBlade は自動の操作が可能で、SurfitBlade バッチモードではブリスク全体に自動ブレード解析を実行できます。

中核技術に Geometric Modelling Library を応用

SurfitBlade は GML を基に開発された高水準のアプリケーションです。GML には豊富な機能が備わっていたため、SurfitBlade の設計、開発、試験、ベータパートナへのリリースは 4 ヶ月未満で実現できました。