ナビゲーションのスキップ

SPRINT™ 技術の概要

唯一無二の 3D センサー設計が施された SPRINT™ 技術実装 OSP60 は、CNC 工作機械で超高速・超高精度な計測を行うためのプローブです。

OSP60 は、変位の大きさと方向の両方を計測する二重平面ばね設計をベースにしています。この設計によって表面のうねりに対しての高い感度が確保されおり、複雑な自由形状面でもプリズマテック形状面でも、高精度な高速計測が可能になっています。

プローブ内部には 2 枚のリングが互いに同心になるよう取り付けられています。1 枚はプローブ本体に、もう 1 枚は、スタイラスと同期して動くスタイラス取付け部に固定されています。これらのリングに取り付けられた回路がモニタリングされ、回路間の静電容量計測値からプローブスタイラス先端の変位量が正確に記録されます。

最高で XYZ 3D データ 1,000 点/秒のデータ取得速度を誇る OSP60 は、SupaScan および Productivity+™ Scanning Suite と連携して動作します。

また、Inspection Plus for OSP60 と使用すると、タッチトリガープローブとしても動作可能です。

Next step

SPRINT 技術採用の際は、最寄りのレニショーオフィスまでお問い合わせください。