ナビゲーションのスキップ

REVO® 用 SFP2 表面粗さプローブ

REVO® SFP2 は三次元測定機の計測プロセスで表面粗さ測定を可能にします。

表面仕上げ/表面粗さ測定

従来の表面粗さ測定は、手持ちセンサーを使用するか、専用の測定機に部品を移動する必要がありました。一方、REVO マルチセンサーシステムを使用すると、三次元測定機の計測手順の一環で表面粗さ測定を行い、スキャニングと表面粗さ測定を切り換えて使用できるようになります。また、この独自の機能により、単一計測レポートに表面粗さ分析を含められます。

5 軸測定技術による SFP2 の自動表面粗さ測定を使用することで、測定時間の大幅な短縮、パーツ移動の必要性の低減、さらには三次元測定機に対する ROI の大幅な向上を実現できます。

エンジンブロックを計測する REVO SFP2

SFP2 システム:特長とメリット

SFP2 システムは、プローブと各種モジュールから構成され、REVO に使用される他のプローブとの自動交換ができるため、各形状に最適な測定ツールを簡単に選択して、すべての測定を 1 台の三次元測定機上で行えます。また、複数のセンサーから取得したデータは、共通の基準を自動的に参照します。

  • MRS-2 ラックと RCP TC-3 ポートを使用すると、SFP2 プローブとスタイラスホルダを自動交換できるため、通常の三次元測定機の計測プログラムに表面粗さ測定を完全に統合できます。
  • SFP2 プローブは、REVO-2 ヘッドの無限の位置決めと 5 軸移動機能を活用しています。
  • プローブと一体となった C 軸に加えて、先端角度の自由な配置、およびモジュールとホルダの間のナックル継ぎ手により、アクセスが非常に難しい形状にもアクセスできます。
航空機業界で使用される SFP2

プローブの特徴

  • SFP2 は、先端に半径 2µm のダイヤモンドスタイラスを配したスキッド式プローブです。スキッドが表面に触れる力は約 0.2N に制御され、スタイラスの先端には 0.005N の力がかかります。
  • モジュールごとに独自の形状をしており、また、各モジュールに実装されているナックル継ぎ手によりモジュール設定ツール (MST) を使用して表面粗さ用ホルダ (SFH) と表面粗さ用モジュール (SFM) 間の角度を 180°の範囲で調整できます。
  • SFP2 は直径 5mm ほどの小さな内径にも使用できます。
  • 表面粗さ測定機能:6.3µm~0.05µm Ra
  • 出力:Ra、RMS と生データは、UCCserver から I++ DME プロトコルを使用して測定アプリケーションクライアントソフトウェアに送信されます。この生データを表面粗さ分析専門ソフトウェアパッケージに取り込んで、詳細なレポートを作成できます。
  • センサーのキャリブレーションを行うには、MRS-2 ラック上に取り付けた表面粗さ用基準マスター (SFA) を測定し、測定ソフトウェアでマスターの測定値に従ってプローブ出力を自動調整します。
  • SFP2 にはモータ駆動の C 軸が内蔵されているため、部品の周囲の必要な位置で表面粗さ測定できます。
SFP2 SMA1_2_

延長保証

万が一の事態に備えて、購入から 3 ヶ月以内の新しい三次元測定機用製品には、3 年間への延長保証をご利用いただけます。詳細は購入元にお問い合わせください。