ナビゲーションのスキップ

レガシー製品

下記に記載の製品は現在生産終了しており、後継モデルに置き換わっています。レニショーは、レガシー製品を継続的にサポートしています。また、同時に最新のキャリブレーション製品への各種アップグレードも用意しています。

システムのアップグレード

ML10 レーザー測定システム (1988 年~2007 年)

後継モデル: XL-80 レーザーシステム

XL-80 と ML10 のアップグレード

ML10 と EC10 の修理と再校正の依頼は受け付けていません。

既存ユーザーには、XL-80 レーザーシステムへのアップグレードを用意しています。XL-80 には、ML10 と比較して性能と操作上の多くのメリットがあります。

XL-80 は、ML10 用の光学部品やセットアップとの後方互換性を備えています。簡単かつ費用対効果の高いアップグレードには、何も新しい方法は必要ありません。

QC10 ボールバーシステム (1991 年~2009 年)

後継モデル: QC20-W ボールバーシステム

QC10 ボールバー QC10 ボールバーの修理の依頼は受け付けていません。ただし、再校正については受付けを継続しています。 

使用中の QC10 の引取りを条件に、QC20-W キットの半額以下で QC20-W ベーシックアップグレードキットを提供します。

後継モデルの QC20-W ボールバーシステムには、QC10 ユーザーにとって魅力的な機能が搭載されています。

  • QC10 の既存コンポーネントとの後方互換性 (スモールサークルキットは除く)。
  • QC10 と長さが同じ 100mm。同じテストやテストプログラムを使用可能。
  • QC10 のテスト結果ファイルと同じフォーマットを採用。Ballbar 20 で確認可能。QC20-W と QC10 で共通のプログラムを使用可能。
  • パーシャルアークキットを別途用意。

RX10 回転軸割り出し角度測定装置 (1993 年~2011 年)

後継モデル: XR20-W 回転軸割り出し角度測定装置

ロータリー

RX10 の修理と再校正の依頼は、受付けを継続しています。また、XR20-W へのアップグレードも用意しています。

XR20-W 回転軸割り出し角度測定装置では、セットアップ時間とテスト時間の短縮が図れます。XR20-W は XL-80 または XM-60 と使用し、最高精度は±1arc 秒です。さまざまなロータリテーブルや旋盤などの回転軸に、片手で簡単に取付け可能です。 

製品情報